皆様こんにちは。


マネージャーの河端です


先日、ご案内しました島之内フジマル醸造所の3種類のニューリリースによりフジマルワインのラインナップが豊富になってまいりました(^^)


そこで今日は島之内フジマル醸造所スタッフのイチオシワインをご紹介しまーす
(※個人の独断と偏見によるものです(笑))


b0206537_14345754.jpg
【シェフ 岡パパ(人並み)】

Tabletop Delaware 2016

(清澄白河フジマル醸造所)

スルリとした飲み口で、身体に染み渡る感じが好みです!

気軽に日常的に楽しんで頂けるワインだと思います(^^)


b0206537_14342721.jpg
【調理担当 えりちゃん(酒豪)】

opnner MC Ni 2016

(島之内フジマル醸造所)

柑橘系の爽やかな香りに、ナイアガラの特徴的な香りが合わさって、ずーっと嗅いでいたい香り

果皮からの旨味と心地よい酸味が大好きです

みんなに飲んで欲しいな


b0206537_14344698.jpg
【サービス担当 このちゃん(酒豪)】

opnner Cafune Rouge 2016

(島之内フジマル醸造所)

キャンベルスのストロベリーのような甘い香りがとにかく好きです

軽やかな赤ワインが好きな私にはピッタリなスルスル系で、エンドレスで呑めそうな感じです(笑)


b0206537_14343491.jpg
【マネージャー 河端ママ(人並み)】

opnner petit petit SP 2016 (330ml)

(島之内フジマル醸造所)

微発泡タイプのワインが好きな私には、待望のリリースだったこちら(^^)

食前、食中を問わず幅広く愉しめる万能タイプだと思います!

サイズも330mlと使いやすく、ご旅行の電車の中やお土産などにもピッタリかと

(実際に年末に帰省する時に電車中で楽しみました(笑))


当店から地方への発送も承っておりますので、お気軽にスタッフまでお申し付け下さいませ


それでは本日も皆様のご来店お問い合わせお待ちしております。


島之内フジマル醸造所

06-4704-6666


[PR]
# by kokusan_fujimaru | 2017-01-17 14:36 | 島之内フジマル醸造所 | Comments(0)

2016年よりフジマルにて醸造部門の一員となった岩谷のワイン仕込み本格スタートワインが続々とリリースです。

今回は3アイテムのご紹介です

b0206537_21585246.jpg

opnner MC Ni 2016


岩手産ナイアガラ(Ni)を100%使用しました。1,000Lのタンクに下部に除梗破砕した(4割)上部に全房(6割)を重ね乗せ、低温管理の下、タンクを密閉する事12日間。その密閉の中マセラシオンカルボニックが起き、その後開放しそして搾汁。その後完全発酵まで静置させ上澄みを瓶詰めしました。色調は濃い橙色を呈し、マセラシオンカルボニックに因るバナナ、グレープフルーツの香り。ナイアガラ特有の「ラブルスカ香」は控えめで葡萄果実香の複雑かつ艶やかな飲み口と出汁感が特長。低亜硫酸塩にて瓶詰め。


opnner Cafune Blanc 2016


岩手産ナイアガラ77%山形産青デラウェア23%使用しました。低温発酵させた2 つのワインをアッサンブラージュ。香り高いナイアガラの芳香と、青デラの余韻の長い酸のキレに因り、ラブルスカ系の調和のとれたフルーティでまた「食」との相性を目指しました。皮を剥きたての清々しいバナナ香、グレープフルーツの香り。ナイアガラ特有の「ラブルスカ香」も個性として活かし青デラの清涼な飲み口と余韻に感じる出汁感が特長です。「Cafune(カフネ)」とはポルトガル語で、愛する人の髪にそっと優しく指を通す仕草を意味しています。このワインの飲み口にその言葉のニュアンスを感じて頂ければと思っています。


opnner Cafune Rouge 2016


岩手産キャンベルス75%山形産マスカットベイリーA25%使用しました。醸し発酵させた2つのワインをアッサンブラージュ。香り高いキャンベルスの芳香と、ふくよかな余韻の長いマスカットベイリーAに因り、調和のとれたフルーティでまた「食」との相性を目指しました。カシスのような採れたてのベリー系香そしてタンニンも柔らかく飲み飽きない(赤)。「Cafune(カフネ)」とはポルトガル語で、愛する人の髪にそっと優しく指を通す仕草を意味しています。このワインの飲み口にその言葉のニュアンスを感じて頂ければと思っています。


※「opnner(オプナー)」は「切り拓く人」という意味の造語です。大阪にて新しいワインの世界を切り拓く。その意味を含めて仕込みました。ラベルデザインは「opnner」レーベル創始の岩谷の実娘が作成。


こちらの3種は島之内フジマル醸造所2階食堂にてグラスワインでもお愉しみ頂けます。

この週末は、まだお席の余裕がございますのでぜひお料理と合わせてお愉しみ頂ければ幸いです(^^)


販売は実店舗は勿論、新着ワインやお得な情報が随時更新されております、ネットショップもございます(^^)

こちらも合わせてご覧下さいませ。


『CLUB PAPILLES』

http://www.wineshopfujimaru.com


島之内フジマル醸造所

06-4704-6666


[PR]
# by kokusan_fujimaru | 2017-01-14 11:55 | Comments(0)

2016年よりフジマルにて醸造部門の一員となった岩谷のワイン仕込み本格スタートワインが続々とリリースです。

今回は3アイテムのご紹介です

b0206537_21585246.jpg

opnner MC Ni 2016


岩手産ナイアガラ(Ni)を100%使用しました。1,000Lのタンクに下部に除梗破砕した(4割)上部に全房(6割)を重ね乗せ、低温管理の下、タンクを密閉する事12日間。その密閉の中マセラシオンカルボニックが起き、その後開放しそして搾汁。その後完全発酵まで静置させ上澄みを瓶詰めしました。色調は濃い橙色を呈し、マセラシオンカルボニックに因るバナナ、グレープフルーツの香り。ナイアガラ特有の「ラブルスカ香」は控えめで葡萄果実香の複雑かつ艶やかな飲み口と出汁感が特長。低亜硫酸塩にて瓶詰め。


opnner Cafune Blanc 2016


岩手産ナイアガラ77%山形産青デラウェア23%使用しました。低温発酵させた2 つのワインをアッサンブラージュ。香り高いナイアガラの芳香と、青デラの余韻の長い酸のキレに因り、ラブルスカ系の調和のとれたフルーティでまた「食」との相性を目指しました。皮を剥きたての清々しいバナナ香、グレープフルーツの香り。ナイアガラ特有の「ラブルスカ香」も個性として活かし青デラの清涼な飲み口と余韻に感じる出汁感が特長です。「Cafune(カフネ)」とはポルトガル語で、愛する人の髪にそっと優しく指を通す仕草を意味しています。このワインの飲み口にその言葉のニュアンスを感じて頂ければと思っています。


opnner Cafune Rouge 2016


岩手産キャンベルス75%山形産マスカットベイリーA25%使用しました。醸し発酵させた2つのワインをアッサンブラージュ。香り高いキャンベルスの芳香と、ふくよかな余韻の長いマスカットベイリーAに因り、調和のとれたフルーティでまた「食」との相性を目指しました。カシスのような採れたてのベリー系香そしてタンニンも柔らかく飲み飽きない(赤)。「Cafune(カフネ)」とはポルトガル語で、愛する人の髪にそっと優しく指を通す仕草を意味しています。このワインの飲み口にその言葉のニュアンスを感じて頂ければと思っています。


※「opnner(オプナー)」は「切り拓く人」という意味の造語です。大阪にて新しいワインの世界を切り拓く。その意味を含めて仕込みました。ラベルデザインは「opnner」レーベル創始の岩谷の実娘が作成。


こちらの3種は島之内フジマル醸造所2階食堂にてグラスワインでもお愉しみ頂けます。

この週末は、まだお席の余裕がございますのでぜひお料理と合わせてお愉しみ頂ければ幸いです(^^)


販売は実店舗は勿論、新着ワインやお得な情報が随時更新されております、ネットショップもございます(^^)

こちらも合わせてご覧下さいませ。


『CLUB PAPILLES』

http://www.wineshopfujimaru.com


島之内フジマル醸造所

06-4704-6666


[PR]
# by kokusan_fujimaru | 2017-01-14 11:55 | Comments(0)

皆様こんにちは

マネージャーの河端です。

今日は一段と寒さが厳しい朝でしたね

この寒さで岡シェフ自慢のメインメニューも冬らしい装いになってきております(^^)


香草マリネした仔羊のグリル クミン風味の菊芋のポタージュ

b0206537_21465972.jpg

香ばしくジューシーに焼き上げられたラム肉♫

相性の良いクミンの香りが食欲をそそります(^^)

アクセントに添えたカーボロネロ(黒キャベツ)をカリカリにローストしたものもイ〜イ仕事してます


下に敷かれた優しい味わいの菊芋のポタージュのベッドの上で皆様にお召し上がり頂ける時を今か今かとお待ちしておりますよ


それでは本日も皆様のご来店お問い合わせお待ちしております


[PR]
# by kokusan_fujimaru | 2017-01-07 11:43 | 島之内フジマル醸造所 | Comments(0)

島之内ワイン部Vol.9

b0206537_16414619.jpg
日々の生活にワインがある、そんなちょっとした楽しみを見つけたいな。
そのきっかけの場になれたらイイな。
これをテーマに島之内フジマル醸造所で楽しくワインに触れ合おうという毎週開催のワイン会です。
毎週開催ですので、気軽にゆるりと参加していただけて楽しく話して飲んでワインの知識もついてしまうのです。
ワインがどのようにしてできるのかというような基本の知識は勿論、今晩のおうちごはんにどんなワインを合わせたら楽しいかな、
日常でワインを飲む際にちょっと使える小さなこと、
というような普段の日常にワインをプラスする楽しみをみんなで見つけようという、なんともワクワクする会です。

《No.9》~近年、特に人気の『シラー種』に迫ろう!!の会~
【開催日時】 1月11日(水) 19時~20時30分(90分)
       1月20日(金) 14時〜15時30分 (90分)
【内容】 テーマに沿ったお話&ティスティング(4種類)
【参加方法】 お電話にてご予約を承ります。
島之内フジマル醸造所 06-4704-6666
【参加費】 2,800円

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

日頃、お客様より『シラー(シラーズ)』のワインが好きです♬とのお声を頂く事も多く、ショップでもみかける事の多くなったと感じる品種。

実際に世界中で栽培面積も増加中で、人気の品種になっています(^^)

また季節柄レストランでもジビエ料理にシラー種のワインを合わせる事も多くあります♫


一大産地の原産地のフランスのローヌ地方北部、そしてオーストラリアにおける違いを主に、現在の流れなども含め、皆様とシラー種の魅力に迫っていきたいと思います(^^)

今回、1週目は久しぶりの夜の時間の開催です!!


シラー種のワインに合う、ちょっとしたおつまみもご用意します♬

ぜひぜひご参加下さい(^^)


ソムリエ 河端



[PR]
# by kokusan_fujimaru | 2017-01-04 16:38 | 島之内フジマル醸造所 | Comments(0)