島之内ワイン部Vol.8

b0206537_11543900.jpg

日々の生活にワインがある、そんなちょっとした楽しみを見つけたいな。
そのきっかけの場になれたらイイな。
これをテーマに島之内フジマル醸造所で楽しくワインに触れ合おうという毎週開催のワイン会です。
毎週開催ですので、気軽にゆるりと参加していただけて楽しく話して飲んでワインの知識もついてしまうのです。
ワインがどのようにしてできるのかというような基本の知識は勿論、今晩のおうちごはんにどんなワインを合わせたら楽しいかな、
日常でワインを飲む際にちょっと使える小さなこと、
というような普段の日常にワインをプラスする楽しみをみんなで見つけようという、なんともワクワクする会です。
《No.8》ワインの熟成って!?~『刻』の流れに身をまかせ2016冬❤~の会
【開催日時】 12月9日(金)、12月16日(金) 14時〜15時30分 (90分)
【内容】 テーマに沿ったお話&ティスティング(4種類)
【参加方法】 お電話にてご予約を承ります。
島之内フジマル醸造所 06-4704-6666
【参加費】 3,000円
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

島之内ワイン部第8回目のテーマは、『熟成』です。


今回は部員の方からのリクエストでテーマが決まりました♬

ワインの『飲み頃』というのは非常に難しくも面白い要素を含んでいます。


早く飲んだ方が愉しめる物、5年、10年、20年と刻を経て素晴らしい変貌を遂げるもの。

勿論、ぶどう品種やヴィンテージ、保管状態など様々な要因はありますが『時間』がもたらす色調、香りや味わいなどを皆様と愉しめたらと思っています。


テイスティングアイテムも古酒までとはいきませんが面白いライナップをご用意する予定です。


今回も熟成したワインに合う、ちょっとしたおつまみもご用意します♬


ぜひぜひご参加下さい(^^)


ソムリエ 河端



[PR]
# by kokusan_fujimaru | 2016-11-25 11:57 | 島之内フジマル醸造所 | Comments(0)

《島之内ワイン部vol.7》

b0206537_11543900.jpg

日々の生活にワインがある、そんなちょっとした楽しみを見つけたいな。
そのきっかけの場になれたらイイな。
これをテーマに島之内フジマル醸造所で楽しくワインに触れ合おうという毎週開催のワイン会です。
毎週開催ですので、気軽にゆるりと参加していただけて楽しく話して飲んでワインの知識もついてしまうのです。
ワインがどのようにしてできるのかというような基本の知識は勿論、今晩のおうちごはんにどんなワインを合わせたら楽しいかな、
日常でワインを飲む際にちょっと使える小さなこと、
というような普段の日常にワインをプラスする楽しみをみんなで見つけようという、なんともワクワクする会です。
《No.7》ボジョレーヌーヴォー解禁❤~この機にガメイ種の魅力に迫ろう!!~の会
【開催日時】 11月18日(金)、11月25日(金) 14時〜15時30分 (90分)
【内容】 テーマに沿ったお話&ティスティング(4種類)
【参加方法】 お電話にてご予約を承ります。
島之内フジマル醸造所 06-4704-6666
【参加費】 2,500円
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

島之内ワイン部第7回目のテーマは、私も個人的に大好きなぶどう品種『ガメイ』です♬


ボジョレーヌーヴォーの品種といえばでお馴染みの『ガメイ』種。

その年の作柄がいち早く確認できフレッシュな味わいなヌーヴォーも勿論、魅力的ですが、今回はヌーヴォー以外のガメイの魅力にも迫っていきたいと思っています(^ ^)


テイスティングアイテムは一大産地のボジョレーは勿論、他の産地もご用意する予定です♬


今回もガメイ種のワインに合う、ちょっとしたおつまみもご用意します♬


ワイン部のあとにはガメラー(ガメイラヴァー)になってるかも

ぜひぜひご参加下さい(^^)


ソムリエ 河端

b0206537_12005406.jpg



[PR]
# by kokusan_fujimaru | 2016-11-08 11:52 | 島之内フジマル醸造所 | Comments(0)

《島之内ワイン部vol.6》

b0206537_22483472.jpg

日々の生活にワインがある、そんなちょっとした楽しみを見つけたいな。
そのきっかけの場になれたらイイな。
これをテーマに島之内フジマル醸造所で楽しくワインに触れ合おうという毎週開催のワイン会です。
毎週開催ですので、気軽にゆるりと参加していただけて楽しく話して飲んでワインの知識もついてしまうのです。
ワインがどのようにしてできるのかというような基本の知識は勿論、今晩のおうちごはんにどんなワインを合わせたら楽しいかな、日常でワインを飲む際にちょっと使える小さなこと、というような普段の日常にワインをプラスする楽しみをみんなで見つけようという、なんともワクワクする会です。
《No.6》『オレンジワインのいろいろ』~今、話題の『オレンジワイン 』の魅力に迫ろう!!~の会
【開催日時】 11月4日(金)、11月10日(木) 14時〜15時30分 (90分)
【内容】 テーマに沿ったお話&ティスティング(4種類)
【参加方法】 お電話にてご予約を承ります。
島之内フジマル醸造所 06-4704-6666
【参加費】 2,800円
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

島之内ワイン部第6回目のテーマは最近ワインの書籍などでも頻繁に登場するようになってきました『オレンジワイン』です!!


島之内フジマル醸造所の食堂でも提供しております『オレンジワイン』ですが、お客様から『オレンジからできたワインですか?』といったご質問を多く頂きます。

実はこの『オレンジ』は見た目の色を表していてカテゴリーは『白ワイン』になります!!


んっ?何で白ワインなのにオレンジ色になるの!?

・・・・。

造り方も含め、オレンジワインの歴史についても部員の皆様と探っていきたいと思います♬


ティスティングアイテムも、ワインの発祥の地と言われる国のものや、日本ワインも織り交ぜてご用意する予定です☆

様々なタイプを味わって下さいませ❤


今回もオレンジワインに合う、ちょっとしたおつまみもご用意します♬


ぜひぜひご参加くださいね~!!


ソムリエ 河端

b0206537_22565681.jpg



[PR]
# by kokusan_fujimaru | 2016-10-28 22:58 | 島之内フジマル醸造所 | Comments(0)

島之内フジマル醸造所は9月12日(月)~9月16日(金)まで少し遅めの夏休みを頂戴します。
9月17日(土)13時より通常営業を再開いたします。

ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

島之内フジマル醸造所
06-4704-6666

[PR]
# by kokusan_fujimaru | 2016-09-10 08:47 | 島之内フジマル醸造所 | Comments(0)

島之内ワイン部Vol.4

b0206537_17125129.jpg
日々の生活にワインがある、そんなちょっとした楽しみを見つけたいな。
そのきっかけの場になれたらイイな。
これをテーマに島之内フジマル醸造所で楽しくワインに触れ合おうという毎週開催のワイン会です。
毎週開催ですので、気軽にゆるりと参加していただけて楽しく話して飲んでワインの知識もついてしまうのです。
ワインがどのようにしてできるのかというような基本の知識は勿論、今晩のおうちごはんにどんなワインを合わせたら楽しいかな、日常でワインを飲む際にちょっと使える小さなこと、というような普段の日常にワインをプラスする楽しみをみんなで見つけようという、なんともワクワクする会です。
《No.4》『甲州ワインのいろいろ』~世界も注目の『Koshu』の魅力に迫ろう!!~の会
【開催日時】 9月5日(月) 14時〜15時30分 (90分)
【内容】 テーマに沿ったお話&ティスティング(4種類)
【参加方法】 お電話にてご予約を承ります。
島之内フジマル醸造所 06-4704-6666
【参加費】 3,000円
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

《Vol.4》9月5日(月)14:00~15:30
甲州ワインのいろいろ 〜世界も注目の『Koshu』の魅力に迫ろう!!〜の会

島之内ワイン部第4回目のテーマは『甲州ワイン』です!!

日本ワインを語る上で欠かす事が出来ない日本固有のぶどう『甲州』

日本の優秀な醸造家、栽培家のたゆまぬ努力の結果、国際ワインコンクールで最高賞を受賞するなど、近年では海外での評価も高く注目されています。
また世界的な嗜好の変化(健康思考でライトな食事など)もさらに追い風になっています!

ひと口に甲州ワインといっても様々。
産地や醸造方法の違いなどもふまえ、飲み比べて頂こうと思います(^ ^)

ソムリエ&醸造家の話を交えて甲州ワインについて多いに語り合いましょー(^ ^)

今回も甲州ワインに合う、ちょっとしたおつまみもご用意します♬

ぜひぜひご参加くださいね~!!

ソムリエ 河端


[PR]
# by kokusan_fujimaru | 2016-08-27 17:11 | 島之内フジマル醸造所 | Comments(0)