【2】ワインツーリズム大阪2011、行ってきました!~ひめひこワイン~

大阪・南河内一帯のワイナリーをまわるワインツーリズム大阪。
あれからもう二週間が経ちました。

記憶があるうちにブログにアップしなければ・・・。
と気ばかり焦っていたのですが、いざ写真を見返してみると、
記憶が薄まるどころか、あの時の情景や感じたこと、匂いなどが
面白いように蘇ってくるんです。

b0206537_1662946.jpg

太陽を浴びながら、額に汗しながら、みんなで乾杯していただいた甲州ワイン。
ひめひこワイン照屋さんの、はにかむような笑顔と温かい人柄。
大阪平野を一望しながら、ロゼワインとともにいただいた、
マツケン食堂さんの特製ランチ。
冷製スープが美味しくて、お代わりもいただきました。。。

それでは、ひめひこワイン編スタートです。




山のふもとで小型バスに乗り換え、高尾山をゆっくり上がっていくとほどなく山頂へ。
ミニゴルフコースが左手に見えてきましたが、ここが目指すワイナリー、
ひめひこワインです。

b0206537_1685491.jpg

ワイナリー、というよりはあくまでもゴルフコース。
その中にブドウ畑があり、除草剤を使わず人手によって手入れがされています。
グリーンや芝の手入れも、かなり大変な作業なのではないでしょうか。

b0206537_169114.jpg

しかし、
「ぶどう栽培からワイン醸造まで一貫してこだわって、本当に美味しいワインを造りたい」
という思いから、自然と時間を相手に気苦労が絶えないなかワイン造りに取り組む、
責任者の照屋さん。

b0206537_1693944.jpg

その照屋さんの乾杯で、待ちに待ったワイナリーランチが始まりました!

b0206537_1611968.jpg

太陽が容赦なく照りつけてはいましたが、山頂ゆえに涼しい風も時折ふらり。
なんといっても、眼下に大阪平野が広がる眺望が最高のご馳走。

b0206537_16113339.jpg

キリッとしたミネラル感にあふれる甲州ワイン「康」、
華やかな色合いが美しい辛口のロゼ「勝」、
そして柔らかく旨みが充実した赤ワイン「隆」。
マツケン食堂さんの冷製スープをゴクンと飲み干し、サンドイッチを頬張りながら、
ワイン片手に楽しい会話を。。。
ちなみにワイン名の漢字は、そのワイン造りに関係していた人の名前から
とられたそうです。

こんなロケーションで楽しむ、大阪のブドウからできた、大阪のワイン。
ワインツーリズム大阪2011の、ハイライトシーンといってもいいでしょう。

b0206537_1612868.jpg

ゆっくりとお腹と心を満たしたあとは、さらに素晴らしい眺めの展望台へ。
正面に八尾空港をはっきりと捉え、淡路島や明石海峡大橋も遥か彼方に。
またブドウ畑の痕跡も残っており、最盛期にはこんな山頂付近までブドウ畑が
広がっていたのかと、歴史に思いを馳せます。

b0206537_16122513.jpg

最後は照屋さんに見送っていただきながら、小型バスでワイナリーを出発。
大量の汗が身体から出ていきましたが、代わりに何か、かけがえのないもので、
全身が満たされたような、そんな気がしました。

「暑さ」によりジワジワと体力を奪われていますが、残すワイナリーはあと一つ。
次回はカタシモワイナリー編です!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-07-23 16:17 | ワイナリー訪問記(国内) | Comments(0)