年末、年始 いったいどこのお店が営業しているんだろう?
と困った経験はありませんか?

2013年12月31日から2014年1月3日までの期間中に、
営業している飲食店を一覧にまとめました。
私たちワインショップFUJIMARUとお取引があるお店ですので、
もちろんワインもお楽しみいただけます。

おせちに飽きたら、街へ出て飲食店へ!

※情報が入り次第、順次アップロードしていきます。
※営業時間等イレギュラーな場合がございますので、詳しくは各店へお電話にてお問合せください。
※取引先のお客様で下記期間中営業されているお店がありましたらご連絡下さい。
早急にアップロードします。東京、沖縄など関西圏外でももちろんOKです。



★2013年12月31日・営業している飲食店
Kamekichi(大阪・谷町四丁目 ビストロ) 11:30~14:00 18:00~22:00
伊酒場 伊晃庵(京都 イタリアン) 11:30~14:00 17:30~24:00
聘珍樓(大阪・梅田 中華) 11:00~17:00
ナジャ(兵庫・尼崎 ワインバー) 19:00~2:00
コネクション(大阪・西天満 フレンチ) 18:00~2:00
北新地バル(大阪・北新地 ワインバー) 15:00~1:00ごろ
728オーディナリー(大阪・なんば 日本ワイン) 17:30~2:00(LO)
酒と炭火とロシュタン(大阪・なんば 居酒屋) 17:00~00:30(LO)
ピュール(大阪・北新地 ワインバー) 16:00-25:00
プティカッセ(大阪 心斎橋 ビストロ)17:30~24:00 
Kinasse(東京・幡ヶ谷 ワインバー)19:00〜23:00(LO)
アンブレイス(兵庫・芦屋) 17:00~24:00
新町バルARUGO(大阪・新町) 17:00~
良酒和醸 可不可(大阪・東心斎橋) 18:00~2:00(1:00L.O.)
シトロンブレ(京都・河原町) 12:00~15:30 17:30~22:00


★2014年1月1日・営業している飲食店
HAJIME(大阪・肥後橋 フレンチ) 17:00~23:00 ※年末年始特別メニュー
コネクション(大阪・西天満 フレンチ) 18:00~2:00
ARGOT(兵庫・ビストロ) 11:30~2:00
プティカッセ(大阪 心斎橋 ビストロ)17:30~24:00 元日~5日まではお正月特別セット(前菜盛り合わせ+魚料理+肉料理)3000円
Kinasse(東京・幡ヶ谷 ワインバー)19:00〜23:00(LO)
アンブレイス(兵庫・芦屋) 17:00~24:00
新町バルARUGO(大阪・新町) 17:00~



★2014年1月2日・営業している飲食店
Bistro a vin DAIGAKU(大阪・東心斎橋 ビストロ) 11:30~14:00 18:00~22:00
Kamekichi(大阪・谷町四丁目 ビストロ) 18:00~22:00
パセミヤ(大阪・西天満 おこのみ焼き) 19:00~23:30
聘珍樓(大阪・梅田 中華) 11:00~23:00
ナジャ(兵庫・尼崎 ワインバー) 19:00~2:00
HAJIME(大阪・肥後橋 フレンチ) 17:00~23:00 ※年末年始特別メニュー
コネクション(大阪・西天満 フレンチ) 18:00~2:00
wasabi(大阪・難波 串揚げ) 17:00~21:30(L.O)
羽山料理店(大阪・靱本町 ビストロ) 12:00~14:00(LO) 18:00~22:00(LO)
ラ グリュ(大阪・鶴橋 焼肉) 17:00~22:00(LO)
キュイジーヌ ド オオサカ リョウ(大阪・西天満 串揚げ)17:00〜23:00
ARGOT(兵庫・ビストロ) 11:30~26:00
オステリア・ハナタニ(兵庫・イタリアン) 12:00~13:30(LO) 17:30~22:00(LO)
Di-shiner ディシャイナー(兵庫・イタリアン) 12:00~14:30 17:30~22:30
キッチン和(ニコ) (大阪・心斎橋 居酒屋) 18:00~3:00
アイーダ(和歌山 イタリアン)11:30-14:00 18:00-21:00
プティカッセ(大阪 心斎橋 ビストロ)17:30~24:00 元日~5日まではお正月特別セット(前菜盛り合わせ+魚料理+肉料理)3000円
小料理 こもり (大阪・北新地 ブルゴーニュワインと料理)15:00-26:00
Kinasse(東京・幡ヶ谷 ワインバー)19:00〜23:00(LO)
SAYURA(京都・祇園南 ワインバー) 19:00~
モード ディ ポンテベッキオ(大阪・西梅田 イタリアン)11:30〜14:00(LO) 18:00〜21:30(LO)
アンブレイス(兵庫・芦屋) 17:00~24:00
新町バルARUGO(大阪・新町) 17:00~
シトロンブレ(京都・河原町) 12:00~15:30 17:30~23:30


★2014年1月3日・営業している飲食店
Bistro a vin DAIGAKU(大阪・東心斎橋 ビストロ) 11:30~14:00 18:00~22:00
Kamekichi(大阪・谷町四丁目 ビストロ) 18:00~22:00
パセミヤ(大阪・西天満 お好み焼き) 19:00~23:30
聘珍樓(大阪・梅田 中華) 11:00~23:00
ナジャ(兵庫・尼崎 ワインバー) 19:00~2:00
HAJIME(大阪・肥後橋 フレンチ) 17:00~23:00 ※年末年始特別メニュー
コネクション(大阪・西天満 フレンチ) 18:00~2:00
wasabi(大阪・難波 串揚げ) 17:00~21:30(L.O)
羽山料理店(大阪・靱本町 ビストロ) 12:00~14:00(LO) 18:00~22:00(LO)
ラ グリュ(大阪・鶴橋 焼肉) 17:00~22:00(LO)
キュイジーヌ ド オオサカ リョウ(大阪・西天満 串揚げ)17:00〜23:00
ARGOT(兵庫・ビストロ) 11:30~26:00
オステリア・ハナタニ(兵庫・イタリアン) 12:00~13:30(LO) 17:30~22:00(LO)
Di-shiner ディシャイナー(兵庫・イタリアン) 12:00~14:30 17:30~22:30
728オーディナリー(大阪・なんば 日本ワイン) 17:30~2:00(LO)
酒と炭火とロシュタン(大阪・なんば 居酒屋) 17:00~00:30(LO)
キッチン和(ニコ) (大阪・心斎橋 居酒屋) 18:00~3:00
アイーダ(和歌山 イタリアン)11:30-14:00 18:00-21:00
プティカッセ(大阪 心斎橋 ビストロ)17:30~24:00 元日~5日まではお正月特別セット(前菜盛り合わせ+魚料理+肉料理)3000円
小料理 こもり (大阪・北新地 ブルゴーニュワインと料理)17:00-26:00
Kinasse(東京・幡ヶ谷 ワインバー)19:00〜23:00(LO)
SAYURA(京都・祇園南 ワインバー) 19:00~
青藍(大阪・谷町 中華)17:00〜21:00(LO)
モード ディ ポンテベッキオ(大阪・西梅田 イタリアン)11:30〜14:00(LO) 18:00〜21:30(LO)
アンブレイス(兵庫・芦屋) 17:00~24:00
新町バルARUGO(大阪・新町) 17:00~
シトロンブレ(京都・河原町) 12:00~15:30 17:30~23:30


順不同



さて、何処に行きましょう?
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2014-01-01 18:15 | 飲食店紹介 | Comments(0)

幾種類ものスパイスが軽やかにほとばしるサラサラのカレー。
五分づきのお米にもしっとりと染み渡り、優しいんだけど確かな主張を残しながら、
胃袋にスーッと収まっていきます。

気分をシャキッと変えたいときにほしくなるのはカレー。
それも油脂が多めなもっさりとしたものではなく、
スパイスが若干前のめり気味な、サラッと軽快なものがいいんです。

b0206537_15244795.jpg

そんなときによく行くのがこちら、東心斎橋にあります
HIKOBOSHIさん。夜は小皿KITCHEN「COCORO」さんという
深夜にわたってワインが楽しめる酒場なのですが、
お昼間(12時頃~16時頃)だけHIKOBOSHIさんが間借りして、
チキンカレーとシュリンプカレーの二種類のスリランカカレーを
食べさせてくれるんです。

b0206537_1523277.jpg

スリランカへはもちろん行ったことありませんが、
なんとなく海と太陽が思い浮かぶ陽気な味わい。
添えられたピクルスがまたいい漬け具合で、
日頃の不摂生をすべてリセットしてくれるかのような
錯覚に陥ってしまうほど。。

さて、そんなスリランカカレーで身も心も満足したあとはワインの紹介を。
島之内フジマル醸造所では今年できたデラウェアの新酒を生樽で提供
しておりますが、そろそろ他の地域からも瓶詰めされた2013年新酒が
届きはじめました。

b0206537_1525981.jpg

山梨は勝沼にあるダイヤモンド酒造、シャンテ・デラウェア・ドライ2013
種有デラウェアをスキンコンタクトさせて造った今年の新酒です。

もちろんまだ飲んでいませんが、手頃でおいしいシャンテシリーズに
定評のあるダイヤモンド酒造なだけに、きっと今年のデラウェアも
楽しませてくれることでしょう!
昨年の、開けたてはプチプチしてて、徐々に果実の旨みが
ジュワッと広がってくる味わいも記憶に新しいところ。。。

デラウェアのほんのり甘い香りはカレーにもあうかも。。。

早々になくなりそうな気配もしますので、気になる方はどうぞお早めに!
みなさまのご来店お待ちしております!
※業務店様からのご注文もお待ちしております!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-03 15:25 | 飲食店紹介 | Comments(0)

アサヒ熟選(生)をグイッと飲み干したころ、
ゴルゴンゾーラのクロスティーニがテーブルへ。
チーズの香ばしい匂いにつられてやってきたのは、
長野で造られているファンキーシャトーのグリグリ。
巨峰の甘いタッチとみずみずしい酸が心地よい、会話が弾むロゼワイン。

b0206537_166683.jpg

先日はオープン以来楽しみにしていましたpargolo パルゴロさんを訪れました。
なんばから阪神なんば線で10分、千鳥橋駅北口を出て左へおよそ30秒。
入り口から大きなピザ釜が見える、ゆったりとした作りのピッツェリアです。

b0206537_165252.jpg

ゴルゴンゾーラのクロスティーニをペロッと平らげイタリア産ハムの盛り合わせをワシワシと。
適度な脂と香辛料がワインの消費を促し、それならばとボトルでいただくことになりました。

b0206537_1655919.jpg

そうそう、カトラリーがテーブル内に収納されてるのもカッコいいです。

b0206537_167271.jpg

さてまず一本目にいただいたのは地元大阪のワイン、
ひめひこワインの華マスカットベリーA。
たっぷりのベリー系果実味がふわふわ漂う柔らかい美味しさ。
ワカサギ、穴子、パプリカ、芽キャベツによるフリットミストはあっという間に底をつき、
最初のピッツァ・マリナーラ(ニンニク、オレガノ、トマトソース)に
群がるようにナイフを入れます。

まだまだ、美味しいものがたくさん出てきますよ~
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-04-19 16:14 | 飲食店紹介 | Comments(0)

昼下がりの投げ銭ライブ

黄金色にきらめくハートランドを勢いよく飲み干したころ、
ステージからはコントラバスとボタンアコーディオンの心地よい音色が、
ゆっくりと、重なり合いながら、沁みこむように広がってきました。

とある日曜日の昼下がり、浪速区恵美須西にあるあなぐま亭さんへ。
この日はキリマピ“kiripeeこと持田桐(vo&acco)・中村仁美(cb)
&米須昌代(vo,g)”の3人による投げ銭ライブだったのです。

b0206537_15325570.jpg

生ビールの次は出演者の方の地元のお酒、静岡・清水の英君を。
さらりとしてほのかな香りがある、まだ明るいうちから飲むのにピッタリなお酒。
気分がほぐれたころに次々と懐かしいような、心安らぐような音楽が
ゆるりと流れてきて、それがまたお酒を誘うんですよねえ。。

大阪のお酒もありました、國乃長はとんださけ純米無濾過生原酒を。
旨味がギュッと詰まった味わいで余韻も長く、何かが食べたくなる感じ。
ホタルイカ辛子味噌串をいただきつつ(お料理はなんと全品150円!)
にやにやしながら杯を重ねます。

b0206537_15333564.jpg

ワインは滋賀県ヒトミワイナリーのパピヨン・ロゼ。
コップに注いでもらい一口飲み干すと、心地よい泡の刺激とともに
あの柔らかい、果肉感のある、滋味深い液体がじんわりと。。
自家製コンビーフのサンドウィッチやアイナメとタケノコの木の芽醤油焼き串など、
目移りしそうなメニューがたくさんあってボトルで飲みたいほどでした。

ライブも終盤。ほどよくアルコールが駆け抜けた身体には、ヴォーカルの独特な歌声が
面白いように染み渡ります。詩の内容までは覚えていないのですが、あの時の空気感、
高揚した気持ちは今でもハッキリと思い出せます。
そして何より元気をわけていただいたひとときでした。

音楽とお酒と食べ物の地産地消をめざしています、とあなぐま亭さん。
この日は身をもって実感しましたし、その3つが人によって繋がっている
ということに、心動かされたような気がします。

「細かい銘柄は覚えてないけど、あの時は楽しかったよ。
またあんなワインが飲みたい。」

お客様からそんな風にいってもらえるように、ワインの楽しさを、
もっと伝えていけたらなと。。ちょっと羨ましく思えた一日でもありました。

Dai Aramaki

あなぐま亭
大阪市浪速区恵美須西2-12-4
恵美須コーポ新館1F
TEL:06-6641-5969
定休日:日曜祝日(イベント時は翌日)
11時~22時
ホームページ
ライブ情報等はブログにて
次回は4月13日(土)19時~の予定です!
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-04-02 15:38 | 飲食店紹介 | Comments(0)

国産ワインの比率がどんどん高まってきた、
難波にありますパピーユ・ジャポネーズ。

b0206537_1725781.jpg

さすがに、シャンパーニュに比肩しうるスパークリングワインを、
国産だけで揃えるのは無理がありますので。。
やっぱりシャンパーニュだけは欠かせません。

しかし白ワイン、ロゼワイン、赤ワインに関しましては、国産ワイン中心でも、
十分に個性的で、幅広いラインナップをご用意できてると思います。
これだけの国産ワインがズラッと並んだスペースは、なかなかないかと。
ぜひごゆっくり、いらしてみてください。

そして、お客様から聞かれることが多いのが、

「日本のワインは、どこで飲めますか?」

といったご質問。

そこで、国産ワインを常時5種類以上取り扱ってくださっている飲食店様を、
ご紹介したいと思います(順不同、随時上に追加していきます)。


<兵庫>
カリヨン(川西)

<大阪>

La grue(ラ・グリュ)焼肉店様(鶴橋)

炭屋キッチン やまや様(東梅田)

モード・ディ・ポンテベッキオ様(梅田)

ビストロ テソロン ウナベッコ様(福島)

中国食堂261(谷町六丁目)

お好み焼きパセミヤ(南森町)

ビストロ・Kamekichi カメキチ様(谷町)

マツケン食堂様(北新地)

キュイジーヌドオオサカRYO様(西天満)

Usakichi様(天満橋)

土佐堀オリーブ様(土佐堀)

旬彩桜花様(高麗橋)

トレルマーケ様(南森町)

堺筋倶楽部アンブロシア様(南船場)

焼鳥市松様(北新地)

串三昧wasabi様(難波・法善寺横丁)

自宅内レストラン・俺ん家様(北区豊崎)

北新地バル(北新地)

ミッシェル・ヴァン・ジャポネ様(谷町4丁目)

<東京>
立ち飲みワインバルKinasse様(幡ヶ谷)


※タイミングによっては在庫をきらしている場合がございます。
銘柄等ご希望のある方は、あらかじめ各店舗にお問い合わせ下さい。

日本のワインを常時お取扱いいただける飲食店様、
これからも少しずつ増えていけばと思います。
そして、気に入ったワインがありましたら、ぜひパピーユ・ジャポネーズへ!
その他お問合せ等、なんでもお気軽にご相談ください!
(今日の晩ご飯にあうワイン、日本ワインでワイン会をしたいんだけど・・etc)
パピーユ・ジャポネーズ 06-6211-8141

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-02-08 14:28 | 飲食店紹介 | Comments(2)

まったくワインとは関係ない話ですが。。
先日、道頓堀に新しくできたラーメン屋さんに行ってきました。

金久右衛門・道頓堀店

昨年末にできたばかりなのですが、場所がなんと、
「神座」「四天王」「金龍」「作ノ作」などなど、ミナミを代表するラーメン店が
密集するど真ん中のエリアに。

ほかにはたこ焼き屋さんとか串カツ屋さんも並ぶ、
いわば道頓堀くいだおれストリートの中心部なんです。

で、ただのラーメン屋さんなら「また新しいのができたんだ」で
終わるのですが、このラーメン屋さん、ラーメン好きな方からの
評判も高く、また「なにわ最強醤油らーめん」とうたって、
大阪のラーメンであることを強くアピールしてまして。

大阪にはおいしいラーメン屋さんはたくさんあります。
しかし他県出身の私からすると、「これぞ大阪のラーメン」というのは
あまりピンとこなかったので、楽しみにしていました。

b0206537_21573223.jpg

いただいたのは大阪ブラックの太麺。
黒醤油ベースで見た目はかなり濃厚そうですが、
意外とあっさりしてて、スーッと入ってくる感じ。
あとからイカのワタやエビの風味がフワッと戻ってきて、
黒醤油とも好相性でした。

繁華街でのラーメン店ならば、なにかガツンとくるインパクトが大事
なのかもしれませんが、こちらは、優しくじんわりと染みわたるような
ラーメンでした。

道頓堀にお越しの際は、ぜひ行かれてみてはいかがでしょう。
クロスホテルにあるパピーユ・ジャポネーズからも徒歩5分ほどの近さです。

あ、パピーユ・ジャポネーズにも「大阪のワイン」おいてますよ~!
こちらも優しくじんわりと、染み渡るようなおいしさです。。。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-01-28 21:58 | 飲食店紹介 | Comments(0)

パピーユ・ジャポネーズが入っているクロスホテルは、
難波と心斎橋の中間くらい、御堂筋沿いに面していて、
大変賑やかな場所にあります。

グリコの看板などネオン煌く戎橋、
日中たくさんの買い物客が行き交う心斎橋筋商店街、
そして個性的な飲食店がひしめく、眠らない街・宗右衛門町。。。

せっかくなので道頓堀界隈の飲み歩き・食べ歩き情報もお伝えしたいと思いまして、
今回は道頓堀を四ツ橋側へ渡ったところにあります、
「ふじ井」さんの和風もつ煮込みをご紹介します。

もつ煮込みのお店ということで、想像したのは煤にまみれた赤ちょうちんと、
ビールやチューハイを飲み干すおっちゃんたちの賑やかな風景。
しかし小奇麗な佇まいの扉を開けると、お寿司屋さんか割烹料理屋かと
思うくらいの、清潔で落ち着いた空間。独特の緊張感すら覚える、
凛とした酒場の空気が、そこにはありました。

瓶ビールを丁寧に飲みながら、いただいたのは和風モツ煮込み。
大阪で主流のどて焼きではなく、醤油とダシで柔らかく炊いた、
はんなりとした美味しさ。

b0206537_15261364.jpg

どちらかというと東京でよく食べていたモツ煮に近く、さらに上品にした感じ。
噛み切るごとに味わいが優しく広がり、まったくくどくなく、止まらない美味しさなんです。
(さすがに二皿でやめておきましたが・・)

最後は潜水艦という名前のテールスープで締め。
これがまた優しく染みる味わいで、せっかくの酔いが醒めてしまうほど。。

大阪のどて焼きも大好きですが、たまにはあっさりとしたモツ煮込みもいかがでしょう?
そして、お店を出るとすぐ隣には「難波のあぶさん」が。
野球好きとしましては、ここも気になるお店です。

大阪・ミナミに住んで八ヶ月。またちょこちょこと、
近場の飲み歩き情報をお伝えしたいと思います。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-08-06 15:27 | 飲食店紹介 | Comments(0)

大阪の古い町並みが残っている空堀商店街界隈。
一本脇道を入ると、昔の建物や長屋を活かした、
センスのいい雑貨屋さんや飲食店さんが点在していて、
休日の街歩きにはぴったりのエリア。

そんな空堀商店街の近くに昨年末オープンした、
「たこりき」さんを訪れました。
いろんな方からお話しを聞いたり、ブログを拝見して、
ずっと気になってたのです!
Kaorinさんのブログ

「豚玉」さんの2号店ですので、
ワインはもちろんワインにあうおつまみもいろいろ。
この日はまだ明るいうちから(もちろん休日です)、ブログでも
たびたびご紹介しているたこシャン
をいただきました。
*数が少なくなってきております。品切れの際はご容赦ください。。

b0206537_1645728.jpg

スッキリ長めのフルートグラスにシャキッと注がれるたこシャン。
立ちのぼる泡がなんとも涼しげで、きめ細かい泡が喉を
心地よく刺激してくれます。

そして、こちらのたこ焼きは素材にこだわった、ソースを使わないたこ焼き。
ダシの味がよく染みていて、噛みしめるほどに旨みがじわじわと。。。
「日本人でよかった~」的な余韻にウットリ。

そんな、ただでさえ美味しいたこ焼きですが、季節限定で「つめたこ」を
提供されていたので、さっそくたこシャンにあわせてみました。

熱々のものより旨みがギュッと凝縮した感じがして、おいしいです~。
たこ焼きというより、もはや立派なフィンガーフード。
焼き立てのたこ焼きを急速に冷やすことで、この食感が生まれるらしく、
お店でしか楽しめない逸品です。

軽く食べてサクッと飲むはずが、アランチーニ、ゴルゴンゾーラオムレツと
追加でいただき、すっかりワインモードへ。お店を出たころには穏やかな夕日が、
空堀商店街を淡く照らしていました。

ごちそうさまでした!

*一日50個限定の絶品「からほりぷりん」280円は店頭でのみ販売中。
こちらもぜひ。

たこりき
住所:大阪市中央区瓦屋町1-6-1
TEL:06-6191-8501
HP:http://www.takoriki.jp/
冷凍たこ焼きが購入できます。
営業時間 11:00 ~ 18:00
定休日 月曜日

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-06-19 16:07 | 飲食店紹介 | Comments(2)

両手が脂まみれになるのもお構いなしに、黙々と、ひたすら食べ続けたのは・・。
“フィンガーリブ”と呼ばれる、豚の骨付きリブのオーブン焼き。

香ばしい肉汁そのままのプレーンのほかに、
四川山椒オイル
赤ワインソース
ペコジャーノチーズ
アンチョビガーリック
などなどバリエーションも豊富。
*料理メニューはこちら

でもやっぱり、骨付き肉のおいしさは、骨の周りの肉を
むしりとるように食べつくすことではないでしょうか。
そしてときどき骨を少しかじってしまって、ボリボリ言わすのもご愛嬌。

b0206537_1638976.jpg

運ばれてくるそばから求めるように食べてしまっていたので、
カニのときみたいに会話が止まってしまう傾向も。
あっという間に食べつくしてしまいました。(もちろん一人ではありませんよ・笑)

b0206537_164088.jpg

しかし、グラスを持つ手は止まりませんでした。
あふれ出る肉汁と香ばしい匂いに、誘われるようにして
吸い込まれていく、南仏の白ワインや赤ワイン。
こないだ飲んだタケダワイナリーの蔵王スター白も美味しかったな~。。
安くて旨い、フィンガーリブにあうワインがいろいろあります!
*ドリンクメニューはこちら

こちらWinebar・ya Riblin (ワインバル・ヤ リブリン)さんは、4月20日に
大阪裏なんば・千日前(ミナミ)にオープンした、まだ新しいお店。
しかしながら、前からあったような懐かしさ・温かさを感じさせてくれる、
居心地のいい空間なんです。

b0206537_16402818.jpg

フィンガーリブと季節の野菜、ほんでもってワイン!
パスタやピッツァ、チーズも楽しめるみたいです。

お近くにお越しの際は、ぜひ行ってみてください!


Winebar・ya Riblin (ワインバル・ヤ リブリン)
住所:大阪市中央区千日前2-3-16ユニバース横丁
TEL:06-6647-8188
営業時間:
【 月~金 】
[夜] 18:00~23:30 (L.O 23:00)
[昼] 11:30~14:30 (L.O 14:00)
【 土・日・祝 】
[夜] 16:00~23:30 (L.O 23:00)
[昼] 11:30~14:30 (L.O 14:00)
HP:http://riblin.com/
blog:http://ameblo.jp/riblin/

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-04-28 16:44 | 飲食店紹介 | Comments(2)

難波駅から徒歩3分、御堂筋沿いにあるクロスホテル大阪。
その1F、エレベーターホール前にパピーユ・ジャポネーズはあるのですが、
3Fにはホテルのメインダイニング「レストラン・マエストロ」があります。

毎月テーマにそったおすすめグラスワインがセットで飲めたり、また、
パピーユ・ジャポネーズでお買上げいただいたワインは、プラス1,000円で持込みも可能
です。さっそくワインを持って夜ごはんに、
と思ったのですが都合がつかず、まずはお昼のランチブッフェに行ってみました。

b0206537_13562044.jpg

メインディッシュをパスタか肉・魚料理より選び、その間に前菜、フレッシュサラダ、
自家製パン、スープ、ドリンクなどを自由に取り分けられるというスタイル。食後には
自家製デザートもついてきて1,800~2,100円と、かなりお得な内容です。

b0206537_13594824.jpg

この日いただいたのは紀州鶏のトマトソースパスタ。
バルベーラ酒あたりが欲しくなるようなおいしさでした。
前菜、とはいってもピッツァやラビオリ、地野菜を使ったものなど、
かなり手の込んだお料理です。2回もお代わりするとさすがにお腹いっぱいに(笑)
それでも最後はしっかりデザートもいただきましたが・・。

b0206537_1402795.jpg

夜は4,800円からのコース料理とアラカルトもお選びいただけます。
グラスワイン2月のおすすめは南仏のワイン。少しずつ飲み比べてみたり、
何人かでボトルを持ち込んで(パピーユ・ジャポネーズで購入いただいたものに限ります
ワイン会をするのも楽しそう!
あと、同じフロアにある「バー・シーガル」でも、グラスワインをお楽しみいただけます。
(営業時間24:30まで *日祝は23:30まで)

ミナミへお越しの際には、ぜひお立ち寄りください~。
パピーユ・ジャポネーズは年中無休、夜22時まで営業しております。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-02-17 13:59 | 飲食店紹介 | Comments(0)