7月に入って新入荷ワインもいろいろと。
北海道は農楽蔵(のらくら)さんからサンスフルのシードル、
ブラン、ルージュの三種類が店頭に届きました!

b0206537_1410417.jpg

天真爛漫な味わいのブランに天衣無縫ともいえる柔らかなルージュ。
そしてリンゴそのままの美味しさを伝えてくれる
質実剛健なシードル・サンスフル。

先日少しいただきましたが、どれもみなはにかみたくなる美味しさ。
今飲んでも美味しいし、こなれてからはさらに深みが出てきそうなニュアンス。

いずれも数量限定につき早いもの勝ちとなりますが、
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

それから土日は店頭にて無料試飲も開催中。
銘柄は後ほどお知らせします!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-07-05 14:10 | 北海道・東北のワイン | Comments(0)

ずっと続いていた空梅雨の分を、
取り返すかのような雨が降り続く大阪市内。
農作物的には恵の雨と言えそうですが、
あんまり降りつづけられると、ブドウ畑が心配に。。

さて今週末のテイスティングアイテムですが、

北海道ワイン/北島秀樹ミュラートゥルガウ2012

b0206537_1731930.jpg

でいきたいと思います。
ぶどう作りの匠・北島秀樹氏の名を冠した北海道ワインでも人気のシリーズ。
「いいワインはいいブドウから」とはよく言われますが、これだけ大きく
ボトルにその名が刻まれるのは栽培家冥利に尽きるのではないでしょうか。

●昭和60年から始めた葡萄栽培の全てが詰まったワイン
●北島秀樹氏の葡萄への愛情が連想されるようなワイン
●出来上がるワインの味を想定しながら葡萄を栽培することのできる国内屈指の栽培家
●徹底した土壌管理と気候データを駆使した葡萄作り

北島秀樹氏のブドウから造った北海道の白ワイン。
マスカットの甘い果実香に、ほのかに白い花や爽やかなハーブのニュアンス。

続きは店頭で。。。!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-15 17:32 | 北海道・東北のワイン | Comments(0)

飲み頃の北海道ワイン

個人で新たにワイナリーを興したりと、動きが活発な北海道。
ワイン産地としての可能性・注目度も俄然高まり、これからが楽しみなところです。

そんな北海道で、およそ40年ほど前からブドウ栽培・ワイン造りを行ってきた北海道ワイン。
今ではそこそこの生産量を誇る中規模ワイナリーとなりましたが、原料葡萄はすべて国産、
それもほとんどを北海道でまかなうという、まさに地域の産業を支える役目を果たしています。

造っているワインは多岐にわたります。自社農園ブドウを用いた「鶴沼」シリーズに、
ブドウ栽培農家の名前を冠した「葡萄作りの匠」シリーズなどが中核をなし、
デイリーワインやスパークリングワインも豊富なラインナップ。

しかし「鶴沼」シリーズは現在、北海道ワインでも完売しており、
次の収穫・仕込みを待たないといけない状況。
新しくリリースされるフレッシュなワインも待ち遠しいですが、
3年~5年ゆっくりと瓶熟を重ねた北海道ワインの鶴沼シリーズ、
今がちょうど飲み頃と言ってもいいのではないでしょうか。

b0206537_15271915.jpg

新鮮な魚介類とあわせて楽しみたい、ほのかな吟醸香もあるヴァイスブルグンダー。
5年以上熟成された2007年ヴィンテージは、どんな風に変化しているのか。

藤本毅さんのレンベルガー2008は、先日飲んでみましたが果実感はそのままに
しとやかさ、なめらかさが出ていてとても上品な仕上がりでした。

その他バッカス2008、トラミーナ2009、北嶋秀樹さんのケルナー2009なども。
熟成した日本のワイン自体、ちょっと珍しいと思います。
在庫限りとなりますので、気になる方はどうぞお早めに。
ご来店お待ちしております!
オンラインショップでも購入可能です

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-06-19 15:31 | 北海道・東北のワイン | Comments(0)

北海道は三笠市にある山崎ワイナリー。
4代にわたりこの地で農作業に従事してきた山崎さん一家が、
2002年に設立しました。

今は家族5人で営んでおり、ワインのラベルにある5枚の花びらは
家族のシンボルとなっています。

さて、年々素晴らしいワインを届けてくださる山崎ワイナリー。
評判はあがっても生産量はそうそう増えないので、どうしても
販売量が少なくなってしまいます。

b0206537_1741366.jpg

今年はケルナードライ、ツヴァイゲルトレーベ、メルロー、ピノノワールが
入ってきています。

メルローとピノノワールはもっと熟成を待ちたいところですが、
ケルナードライやツヴァイゲルトレーベは、若いうちのみずみずしさがおすすめ!
そしてワイナリーでは完売してしまったシャルドネ2008年や、
シャルドネ樽熟成2009年も少量ですがございます。

暑い夏はすぐソコですが、北海道のワインで、
気分だけでも涼んでみてはいかがでしょうか。

ご来店お待ちしております。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-06-15 17:04 | 北海道・東北のワイン | Comments(0)

北海道余市から、タカヒコのピノ・ノワール2010年が入ってきました。

ヨイチノボリ・キュムラ ピノ・ノワール2010

b0206537_13354060.jpg

極少量の入荷となりますので、気になる方はどうぞお早目に。
完売の際はどうぞご容赦ください。
事前にご連絡いただけましたら、二週間以内のお取り置きも可能です。
06-6211-8141 パピーユ・ジャポネーズ

さて、2010年はどんな仕上がりなのでしょうか。
タカヒコさんいわく「秋まで寝かせてから飲んでいただければ」
とのことですが。待ちきれますかね~・・・。

また、タカヒコのピノ・ノワールに興味がある方には、こちらもオススメ!
旭洋酒ピノ・ノワール2008年。リリースしたてはやや固かった味わいですが、
だいぶこなれてきて、ええ香りが立ちのぼってきています。

b0206537_1336332.jpg

それからピノではないですが、シャトー酒折のマスカットベリーA樽熟成。
他のベリーAとは一線を画す、どことなくピノっぽい雰囲気を感じさせる味わい。
繊細で奥ゆかしい香りがゆっくりと広がります。

4月には山崎ワイナリーの新ヴィンテージや、新着ワイナリーもいろいろと。
みなさまのご来店、お待ちしております!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-03-25 13:37 | 北海道・東北のワイン | Comments(0)