大阪のワイン"tako-cham"

「たこシャン tako-cham」が飲める店、
随時更新しています!


ただ....業務店の皆さま タコシャン残り僅かです!!

昨年、カタシモワイナリーから初めてリリースされた、
大阪のスパークリングワイン「たこシャン tako-cham」

250mlのボトルに入った、気軽に楽しめるタイプのスパークリングワインですが、
大阪産のぶどうデラウェアにこだわり、シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵方式で造られた
”ほんまもん”のスパークリングワインです。

b0206537_1553794.jpg

ただ、今年も飲食店様でのみお楽しみいただけるワインとなりました。
(申し訳ございませんが、小売販売はしておりません)
これからジメジメとしてくる季節ですが、このtako-chamでスカッと、爽快な
気分になっていただけたら、と思います。

下記店舗でお楽しみいただけます。
(順不同:取り扱い店舗は随時アップしていきます)

マツケン食堂様(大阪・北新地)

キュイジーヌドオオサカRYO様(大阪・西天満)

うずら屋様(大阪・京橋)

羽山料理店様(大阪・靫本町)

土佐堀オリーブ様(大阪・土佐堀)

ビストロ ア ヴァン DAIGAKU様(大阪・東心斎橋)

アルナッジョ様(奈良・東生駒)

ランジュヴァン様(大阪・北新地)

ピュール様(大阪・北新地)

Babbi Babbi様(大阪・南船場)

スペッロ様(大阪・南船場)

シエロ様(岡山・津山)

工-takumi-様(東京・新橋)

グレープガンボ様(東京・銀座)

たこりき様(大阪・谷町6丁目)

mitte様(大阪・堺筋本町)

Nadja(ナジャ)様(兵庫・尼崎)

桜花様(大阪・高麗橋)

うずら屋京都様(京都・祇園四条)

ラ リサータ様(大阪・八尾)

つばめいろ様(大阪・大淀)

たこ焼き 光丸屋様(大阪・寝屋川)

俺ん家様大阪・豊崎)

ダ ルーポ322様(兵庫・西宮)

デスティネ様(大阪・堂山町)

※タイミングによっては在庫をきらしている事が予想されます
ご希望の方はあらかじめ各店舗にお問い合わせ下さい。
(一部6月より販売される店舗も含まれます)


私自身、大阪へは半年前に引っ越してきたばかり。
知識としては、大阪でワインを造っていることを知ってはいましたが、
実際に造っている人に会い、こういった取組みに触れ、熱い想いを知るにつれて、
「大阪のほんまもん」に強い興味を抱くようになりました。

一般的には食いだおれの街として、おいしいものがたくさんあるイメージの大阪ですが、
スポットを浴びる賑やかな一面以外にも、地道な、まっとうにおいしい、
大阪産品はいろいろあります。このtako-chamもそんな大阪のほんまもんとして、
県外の方はもちろん、大阪の人にもっともっと知ってもらって、
大阪・夏の風物詩になってもらえれば・・。
これ以上の喜びはありません。

そんな、気軽に楽しんでいただきたいtako-chamですが、小さな250mlのボトルには、
カタシモワイナリーの熱い想いが込められています。ぜひご覧になってみてください。

今年の夏はtako-chamで乾杯~!

Dai Aramaki

カタシモワイナリーからのメッセージ
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-05-29 15:06 | Comments(3)

国産原料100%のワイナリーを、北海道から九州まで網羅した、
造り手と飲み手の架け橋となるようなワイン本、
鹿取みゆきさんによる日本ワインガイド。

いよいよパピーユ・ジャポネーズにも入荷してまいりました。

b0206537_18335218.jpg

ちょっとした辞書のような分厚い本の中に、
日本ワインに関する情報がびっしりと綴られています。

造り手のこと、その地域のこと、ブドウについて、醸造について、
そしてどこで買えるのか、どんな味わいのワインなのか。
かゆいところまで優しく、丁寧に、解説されています。

またパッと見て思ったのが、左右の余白に各種データや注釈がまとめられていて、
非常に見やすいこと。これって、普段ネットでブログやSNSを見慣れてる人に
とっては、すごく見やすい形式なんじゃないかな、と思います。

細かい数字も揃っていますし、読み物としてはもちろん、
データベースとしても重宝しそうです。

圧倒的な情報量に比べてカラー写真が少ないのは残念なところですが、
これは、実際にワイナリーを訪れてみることで、読者それぞれが頭の中に
色づけしていってほしい、というメッセージなのかもしれません。

ワイン好きな方はもちろん、日本の農業について考えるためにも、
ぜひ手に取っていただきたい一冊です。

レ・パピーユ・ジャポネーズ(難波)
もしくはワインショップFUJIMARU(日本橋)
にて販売しております。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-05-22 18:38 | Comments(0)

今週末の日曜日ですが、谷町6丁目駅から近い銅座公園にてイベントが開催されます。
様々な飲食店や雑貨店が集まって、ライブあり、ワークショップあり、の盛りだくさんな内容。
イベントの売上げ金は大震災で親を失った子供達への支援金として、
あしなが育英会に寄付されるそうです。

ワインショップFUJIMARUも、ワインブースを担当しますので、
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

<詳細について>
■開催日 2011年5月22日 日曜日(雨天時、公園に面したお店にて決行。詳細はブログにて)
■開演/閉演 11時~16時
■場所 銅座公園(大阪市中央区内久宝寺町2-5)
■アクセス 地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線[谷町6丁目駅]6番出口より徒歩4分
地下鉄谷町線・中央線[谷町4丁目駅]7番出口より徒歩5分
■入場料 FREE
■持ち物 マイ箸・マイ茶碗・マイコップ・マイバッグをご持参ください。
■注意点 当日は会場に駐車場、駐輪場を設けてません、できるだけ徒歩や公共交通機関でお越し下さい。
■お願い 当日、mother earthブースにて子供達の為に絵本(新品、新古品に限る)を集めています。ご協力お願いします。
■主催 中央区南大江地域ネットワーク委員会

はじまりの日 Forever Young 公式ページ

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-05-19 22:42 | イベント | Comments(0)

大阪名物ひやしあめ

「よっこらしょ」と力仕事を終えてホッと一息、
台所に「ひやしあめ」が置いてあったので、
グラスに注いでちょっと一口いただいてみました。

b0206537_1449796.jpg

舌を伝うまったりとした粘性、鼻腔を駆け抜ける生姜の香り、
麦芽の甘みと黒糖のコクが絡み合い、後味はほんのりスパイシー。
「う、うまい・・!」

なんかこう、疲れた身体にギュッと染みこむ感じでした。
ほんとはお湯やお水で割って飲むべきなのですが、
本能的に甘みを求めていたのかもしれません。
ただやっぱり、ストレートで飲むとかなり甘いです、濃ゆいです。

そして、なんだか懐かしい気分でした。ひやしあめは初めて飲んだのですが、
遠い記憶のどこかに結びついているような・・。不思議な感覚にアレッ?と
思いながら、ついついもう一杯。。

このひやしあめは、柏原にあるカタシモワイナリーが、
原材料や製法に相当こだわって作った、大阪産(もん)の名品です。
高知産の生姜は、大正時代にワイン用ブドウを搾っていた道具で、
瓶詰当日の早朝に搾っているとか。。

b0206537_14484489.jpg

大阪名物ひやしあめ。大阪のお土産に、ワイン好きな方へのサプライズに、いかがでしょう。
これからの季節、氷を浮かべていただくのがおススメです!
カタシモワイナリーのブログ

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-05-18 14:50 | Comments(2)

アルザスから新しいワインが入ってきました。
造り手の名前は「ユベール・エ・エイディ・オシェール」、
ワイン名はCuvée Aussitot Bue(キュヴェ・オーシト・ビュ)。

b0206537_16323819.jpg
(左奥に写ってるひやしあめもおすすめですよ~!)

単一品種ではなく、オーセロワ38%、シルヴァネール38%、ピノ・グリ24%という
微妙に散らしたアッサンブラージュ。そしてその品種名の頭文字がそのまま
ワイン名になっているんです。

オーセロワのオー、シルヴァネールのシ、トケイ・ピノグリのト、
最後のビュは“飲んじゃった”な感じで、
「のどの渇きを潤してくれるなー」、と思っているうちに飲み干してしまった、
という意味を含ませてるとか。

こういうセンス、好きですね~。

もちろん背景にはブドウ品種の特徴、土壌の特性、栽培や醸造における苦労・工夫など
いろんなものがあるのでしょうが、それらを感じさせない柔らかなラベルと相まって、
独特の世界観が醸し出されています。

あんまり関係ないかもですが、このボトル、アルザスワインのなかでも
やたらと長いんですよね。。なにか造り手の意図があるのかも。

実はまだ飲んだことがないのですが、今一番気になってる
ワインです。今度飲んでみよっと!

詳しくは「W」のブログをどうぞ。
畑を耕す馬、スキッピーがかわいすぎます・・。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-05-17 16:35 | フランスワイン | Comments(2)

五月ももう半ばが過ぎ、もうすぐ一年の半分が経とうとしています。
いろいろありましたが、ほんとに日々あっという間、といった感じです。

日本の食卓に合うワインとして、ごく自然に日本のワインを品揃えしてきましたが、
少しずつラインナップも増えてきています。(なかなか紹介しきれずスミマセン・・)

b0206537_15314434.jpg

最近加わったところでは、北海道から宝水ワイナリーのデラウェアが届きました。
親しみのある甘美な香り。ほんのり甘酸っぱくみずみずしいおいしさ。
清々しい余韻に、思わずもう一杯。

新潟のカーブドッチからは、ピノノワール主体のミリュ・ルージュ2010と、
日本では珍しいプティヴェルド100%の赤ワイン。
どちらもしっかりと個性を主張してきます。

山梨の旭洋酒からは、地元衆御用達の定番ワイン・ソレイユクラシック赤。
2010年は熟したイチゴの香が高く、適度な酸と旨みがのった、
まさに食卓向けのワインとなっています。

そして地元大阪からは、飛鳥ワイン4種が新入荷。
あえて早摘みすることで過剰な香りを控え、バランスを重視したデラウェアは、
心地よい甘みとともに広がる柔らかい酸が好印象。
樽熟成したシャルドネ、メルローも厚みを感じさせるもので、
じっくり一本向き合ってみたいものです。

そうそう、日々の晩酌用に一升瓶デラウェアもあります!
すっきり穏やかな辛口で、飲み飽きしません。

フランス、イタリアも新着アイテムが入ってきていますので、
ぼちぼち紹介させていただきますね。

なお誠に勝手ながら
明日5月17日(火)は堺筋本町『カーヴデパピーユ』『ル・ヌー・パピヨン』ともに
お休みさせていただきます。

日本橋『FUJIMARU』も定休日ですが
なんば『パピーユ・ジャポネーズ』は営業しております。

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-05-16 15:33 | Comments(2)

今週の水曜日11日より始まった、阪神百貨店での大ワインフェスタ

600銘柄のワインがすべて試飲できたり、
ヌーパピヨンをはじめ人気店のデリがその場で、
グラスワインとともに楽しめたり、テイクアウトできたり。
さらには、有名シェフ渾身のメニューが日替わりで登場するレストランもあります。

ワインショップFUJIMARUも、国産と自然派中心の有料ワインバーを出店。
普段なかなか飲めない希少銘柄もありますので、
気になる方はこの機会にぜひどうぞ。

ちなみにラインナップですが、

続きはこちらから
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-05-13 16:29 | イベント | Comments(0)

毎月おすすめのワインをテーマに沿ってご紹介。
4本もしくは6本のワインセットとしてお得に販売しています、

クラブパピーユ・セレクション

5月もAコース(4本10,000円)Bコース(6本18,000)の2つをご用意しています。

Aコースのテーマは「たまにはお外でワイン!気持ちよくハッピーになれる4本を。」
トレヴィジオール/NVプロセッコ・ヴァルドッビアデーネ ブリュット
オオオカヒロタケ/10ル・カノン ロゼ・プリムール(ミュスカ・ダンブール)
フォルテト・デッラ・ルーヤ/09バルベラダスティ モンロス
ジャン・フォイヤール/08モルゴン コート・ド・ピュイ

まあ、無理に外で飲む必要はないんですが。。
でもBBQとか、公園でピクニックしながらとか、家のテラスで休日の午後に、とか。
そんなシチュエーションでこんなワインが楽しめたら、気持ちいいだろうな、
そう思って選びました。

b0206537_15165428.jpg

シズル感溢れるボトルが印象的な、トレヴィジオールのプロセッコ。(画像なし)
グラスに注ぐだけでハッピーな気分、ブドウの旨みいっぱいな大岡さんのロゼ。
パンとチーズがあればみんな笑顔に、バルベラダスティ・モンロス。
心地よい風に当たりながら、お気に入りの音楽とともに、
ジャン・フォイヤールのモルゴン コート・ド・ピュイ。

ユル~い気分で楽しみたい、心の渇きを癒してくれるようなワインたちです。

そしてBコースのテーマ、こちらは少し掘り下げて、
「ワイン会のネタに?ちょっとマニアックなブドウ品種を集めてみました。」
ムータルディエ/NVブリュット・カルトドール(ピノ・ムニエ)
リュパン/09ルーセット・ド・サヴォワ フランジー(ルーセット)
ハツィダキス/09サントリーニ キュヴェNO.15(アシルティコ)
カルディナーリ/08コッリピアチェンティーニ グットルニオ クラシコ(バルベーラ、ボナルダ)
フランク・コーネリッセン/05ムンジェベル ロッソ3(ネレッロマスカレーゼ)
ジャン・イヴ・ペロン/06シャン・ルヴァ(モンドゥーズ)

良質なピノ・ムニエで個性を表現したムータルディエ。
サヴォワの地酒ルーセットを、日本の暑い夏にもぜひ!
ギリシャのブドウ品種アシルティコとは?
ボナルダ+バルベーラで、ここまでワインは旨くなる。
奇才コーネリッセンのネレッロマスカレーゼに、何を感じる?
時間をかけて楽しみたい、滋味あふれるモンドゥーズ。

ブドウ品種の個性もありますが、そこに土地の違い、造り手の個性が加わって、
ワインはどんな味わいになるのか。じっくりと、思索を巡らせながら、
楽しんでいただければと思います。

クラブパピーユ・セレクション5月のご案内はいかがでしたか。
最終月にワイン一本プレゼントとなる、お得な三ヶ月コースもございます。
みなさまからのご注文・お問合せをお待ちしております。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-05-11 15:25 | ワインセット | Comments(0)

ゴールデンウィークも終わり、一気に夏らしさが増してきた今日この頃。
ワインセラーの中が「寒い」ではなく「涼しい」と感じるようになってきましたが、
興味深いワインがいろいろと入ってきています。

まずは日本のワイン、栃木県はココファームワイナリーから。
今までは足利呱呱和飲(白)と農民ロッソ(赤)のみの扱いでしたが、新たに

b0206537_16133621.jpg

2010 あわここ
2010 農民ドライ
2007 甲州F.O.S


が加わりました。

三つとも分類上は白ワインですが、
あわここは発酵中にできた二酸化炭素からの微炭酸を含む、
フレッシュで軽快な微発泡ワイン。

ワイナリーのタンクからお客様のお手元のグラスまで、とっても近いワインです。
枝豆や山菜の天ぷらなどとともに、ビール代わりにいかがでしょう。

農民ドライは主に北海道と山形のブドウから造った、軽めですっきり飲める
日本の小粋な白ワイン。フルーティ、デリケート、クリーン、口当たり爽やかな酸味。
日本の夏のじめじめとした夜を、涼しい気分にさせてくれます。

そして甲州F.O.S、一応白ワインとはなっていますが、甲州葡萄の成分をしっかりと
引き出すため果皮とともに発酵、薄い琥珀色を呈した個性的なワインです。

甲州種が本来持っている深い色合い、複雑なアロマ、そして渋み。
「淡くて繊細な甲州ワイン」というイメージを覆してくれる意欲的なワイン、
ぜひお試しください。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-05-09 16:17 | Comments(0)

ゴールデンウィークも残すところあとわずかですが、
連休後にさっそく大きなワインイベントがあります。

阪神百貨店梅田本店「大ワインフェスタ」

10日(火)まで開催されている「猫フェスティバル」も気になりますが(笑)、
5月11日(水)から17日(火)は、阪神百貨店梅田本店8F催場
「阪神大ワインフェスタ」へ!

ワインショップFUJIMARUも、一週間限りのワインバーとして出店いたします。
自然派・国産を中心とした、デパートの催事とは思えないFUJIMARUセレクト。
お隣ではヌーパピヨンのお惣菜もテイクアウト可能。
イートインスペースもありますので、
ゆっくりとお楽しみいただけます。

さらにレストランブースでは、いつもお世話になっているシェフ渾身のメニューが
日替りで登場するという、豪華な内容。

どんなラインナップかといいますと、
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-05-06 19:50 | イベント | Comments(0)