大阪市内もキビシイ寒さが続く1月下旬。
今日は大阪国際女子マラソンが開催されていましたが、
御堂筋を颯爽と駆け抜けるランナーとは違って、沿道で
応援する人たちのなんと寒そうなこと。。。

こんな寒い日には、そう。
あったか~いお鍋がいいですよね。

お鍋にあわせて楽しみたいワイン、いろいろあるのですが、
今日ご紹介するのは山梨ワインのロゼワイン、
ベルアルバ・マスカットベリーA・ロゼ2010年。

b0206537_1925136.jpg

「ベルアルバ」というのがイタリア語で「美しい夜明け」を意味するらしく、
まさに今の季節にピッタリかと。

味わいも、眠りからさめてさあ活動するぞ!
といった躍動感にあふれ、みずみずしくしなやか。
控えめながらもしっかりと伸びる、
赤いベリーの香りが印象的。

魚貝系の鍋でも、お肉系の鍋でも。トマト鍋なんかにもピッタリです。
とってもお腹が空いてくるロゼワイン、
ぜひお試しください!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-01-29 19:25 | Comments(0)

まったくワインとは関係ない話ですが。。
先日、道頓堀に新しくできたラーメン屋さんに行ってきました。

金久右衛門・道頓堀店

昨年末にできたばかりなのですが、場所がなんと、
「神座」「四天王」「金龍」「作ノ作」などなど、ミナミを代表するラーメン店が
密集するど真ん中のエリアに。

ほかにはたこ焼き屋さんとか串カツ屋さんも並ぶ、
いわば道頓堀くいだおれストリートの中心部なんです。

で、ただのラーメン屋さんなら「また新しいのができたんだ」で
終わるのですが、このラーメン屋さん、ラーメン好きな方からの
評判も高く、また「なにわ最強醤油らーめん」とうたって、
大阪のラーメンであることを強くアピールしてまして。

大阪にはおいしいラーメン屋さんはたくさんあります。
しかし他県出身の私からすると、「これぞ大阪のラーメン」というのは
あまりピンとこなかったので、楽しみにしていました。

b0206537_21573223.jpg

いただいたのは大阪ブラックの太麺。
黒醤油ベースで見た目はかなり濃厚そうですが、
意外とあっさりしてて、スーッと入ってくる感じ。
あとからイカのワタやエビの風味がフワッと戻ってきて、
黒醤油とも好相性でした。

繁華街でのラーメン店ならば、なにかガツンとくるインパクトが大事
なのかもしれませんが、こちらは、優しくじんわりと染みわたるような
ラーメンでした。

道頓堀にお越しの際は、ぜひ行かれてみてはいかがでしょう。
クロスホテルにあるパピーユ・ジャポネーズからも徒歩5分ほどの近さです。

あ、パピーユ・ジャポネーズにも「大阪のワイン」おいてますよ~!
こちらも優しくじんわりと、染み渡るようなおいしさです。。。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-01-28 21:58 | 飲食店紹介 | Comments(0)

ボトルを手にした瞬間に
「うわっ、飲みたいコレ」と直感した、
山形はタケダワイナリーのサンスフル・ロゼ2011。

b0206537_13403147.jpg

ロゼというかちょっと薄めの赤ワインといった色合い。
無濾過なので濁りがあるのですが、それがまた濃厚な感じで
視覚に訴えかけてくるんです。

栓は王冠。今すぐにでも「シュポン!」と抜いてしまいたいくらいですが。。。
来週のテイスティングが楽しみです。

さてタケダワイナリーのサンスフルシリーズ、
今は4種類(白、赤、ロゼ、シードル)が揃っています。

b0206537_13411668.jpg

サンスフルとは酸化防止剤無添加という意味で、
ブドウ本来の味わいを表現した、フレッシュな味わい。

まあこのワインは実際に飲んでもらうのが
一番なわけなのですが、私が説明するときによく使うのが、
「ワイナリーや酒蔵だけで飲める、醸造工程中の爽やかなワイン」
といった表現です。

発酵時の炭酸ガスがそのまま瓶に閉じ込められていますので、
飲む時期によって発泡の強弱が違いますし、酵母に触れている
時間によって旨みの印象も異なります。発酵がさらにすすめば
より辛口な味わいになることも。

ワイナリーの説明文には「おいしい水を飲んでいるような柔らかな感触です」
とありますが、なるほどそんな感じです。個人的には運動したあとに
いただくと、すごく幸せな気がします。

それから、白とロゼは泡が非常に強いので開栓時にはご注意ください。
サンスフルシリーズはワインセラーもしくは冷蔵庫での保管を
おすすめします。

タケダワイナリーのサンスフル・ロゼで、
一足早く春を感じてみませんか!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-01-26 13:42 | Comments(0)

パピーユジャポネーズにお越しになられた方ならお分かりかと思いますが、
わずか2坪の小さなお店で、日本のワインをメインに扱っているため、
フランスやイタリア、その他の国のワインは
非常に少ない品揃えとなっています。

しかしながら、だからこそ。少ししかおけない輸入ワイン、
これは。。というものをセレクトしてみました。

今回ご紹介しますのはフランス・ロワール地方のワイン。
なんと今現在、フランスワインの3割程度が、
ロワールで占められています(笑)
(ちなみに4割がシャンパーニュ)

辛口ながら旨みのあるミュスカデ、
しっとりとした熟成感が美しい、99年のサヴィニエール。
甘美な舌触りが魅力のコトー・デュ・レイヨンに、
地品種ロモランタンの魅力が詰まった、お鍋にもぴったりな
クール・シュヴェルニィは、食いしん坊ブノワ・ダリダン作。

b0206537_1655050.jpg

ガメイとピノノワールの美味しさをピュアに表現したクルトワのナカラ、
思わず鼻歌を口ずさみたくなる絶妙の質感、サンソニエールのロゼ。

カベルネフランは、柔らかく食卓にぴったりなグロボワ、エキスの詰まった
肉付きのいいカトリーヌ・ブルトン、そして気品と優雅さを兼ね備えた、
大御所クロ・ルジャールのソミュール・シャンピニ―04と三者三様。

シルヴァン・マルティネズのこれぞ職人!といった個性的なワインも、
ぜひお試しいただきたいと思います。

オンラインショップでもお気軽にご注文いただけます。
クラブ・パピーユ(フランス・ロワール地方)

みなさまのご来店、お待ちしております。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-01-22 16:07 | フランスワイン | Comments(0)

昨年から始めましたクラブパピーユ・セレクション。
毎月おすすめのワインを頒布会的にご紹介していたのですが、
いつのまにか尻すぼみに・・・。

しかし、夏と冬のシャンパーニュ6本セットは
大変ご好評をいただいていますし、
(これはシャンパーニュだから特別?。。
ちなみに、冬のシャンパーニュセットは引続き販売中!)

特に遠方の方などにとっては、
お得で便利なワインセットは常にあった方がいいと
思いまして、また復活させることにしました!
(季節ごとにご紹介します。今回は冬編を)

今年からはお試ししやすい3本セットでお届けします。
必ず一本シャンパーニュをお入れして、3本9,000円(税込)。

さて。。

どんな内容かといいますと、
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-01-20 16:29 | ワインセット | Comments(0)

新年早々に行われました満月Pub@ウサキチ。
今回も、たくさんの方にお越しいただけました。
ありがとうございました。

さてこれで第4回を数えたのですが、
これまでみなさまからお預かりしました募金を、
日本赤十字社に振込しましたので、ご報告いたします。

まずは第1回~第4回までの募金額
18,009円

そして第3回のときに、パセミヤさんから
ご提供いただいたお好み焼の代金分が
7,800円

合計で25,809円を、日本赤十字社に募金いたしました。

f0097199_15383352.jpg

今後も月に一度の満月Pubを通して、心と心を繋げながら、
大切なことを忘れずに、続けていきたいと思っています。

さて、、

次回(第5回)の満月Pubのご案内です!
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-01-17 15:44 | 満月Pub | Comments(0)

華やかなピンク一色に染まった今月号のMeets。
「3,000円の天才。」と題して、3,000円で賢く飲み食いする方法が
網羅されているのですが、このブログをご覧になられてる方なら、
すでに手に取りチェックされている方も多いはず。

b0206537_13555055.jpg

知ってるお店あり、行ってみたいお店あり、見てるだけで
「早く夜にならないかな~」なんて思ってしまいますが、
雑誌の中盤あたり「ノッてる街の新店ニュース」にて、日本橋の
ワインショップFUJIMARUのことを紹介していただいています!
(人気ページ?「ひさうちせんせのちょっとHの学校」の次です)

b0206537_13562649.jpg

シュレールのレアなマグナムボトルとともに、
代表・藤丸のどや顔が。。。
徒歩20秒の黒門市場からフードの持込みOK、
「実質、市場内バル遣い」
なるほど、まさにそんな感じでご利用いただけたら嬉しいです。

2階スペースでは毎日7種類前後のワインが500円で試飲自由。
いろんなワインを飲み比べて勉強したいけど、お金が・・。
なんていう方に、どんどん利用していただきたいです。

日本橋・黒門市場にお越しの際は、ぜひお立寄りください~。

セレクトワインショップ
WINESHOP FUJIMARU
大阪市中央区日本橋2丁目15-13
06-6643-2330
営業時間 12:30~21:00
定休日   火曜日

地図と詳しいアクセス方法
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-01-14 13:57 | Comments(0)

2012年になり、早くも十日が過ぎましたね。。
すっかり遅くなりましたが、みなさまどうぞ、
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、年の瀬を乗り切り迎えた大晦日。実家に帰って久しぶりに
家族みんなでお鍋を囲んだのですが、食卓にはもちろんワインを。
(ビールや日本酒もいろいろありましたが・・)

まずはシャンパーニュで乾杯し、真鴨のガラでダシをとった鴨鍋に、
お野菜をたっぷり入れていきます。このお野菜が、ダシを吸って
とってもおいしいんですよ~!

b0206537_13552169.jpg

そしてワインは。。。
北海道ワインのバッカスや岩手エーデルワインのリースリングリオンなどを。
キリッとした辛口で、フルーティというよりは落ち着いた熟成感のある、
岩清水のようなきれいなお酒。

お鍋の美味しさを包み込んだり、真っ向から組み合ったりするのではなく、
半歩後ろをそっとついてきて見守ってくれてるような、
(家政婦はミタじゃありませんが・・)
なんとも気が利くワインたちでした。

途中から牡蠣を投入しましたが、藤本さんが栽培した2007年のバッカス
がゆる~くマッチ。紅白歌合戦も佳境を迎え、なんとも温かい
大晦日の夜になりました。

まだまだ寒さはこれからキビシくなるでしょう。そんな時に、
お手軽にしっかりと栄養がとれるお鍋料理はありがたいもの。
そんな食卓をさらに盛り上げてくれるアイテムとして、
日本のワイン、とってもオススメです!

北海道から九州は宮崎まで、全国各地の個性的な日本ワインを
多数取り揃えております。1,000円から2,000円代が中心となる
日本のワインで、日常の食卓を少しだけ彩ってみませんか!?

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2012-01-11 13:58 | Comments(0)