<   2013年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

街ネタ収集のためいつもお世話になっています関西タウン誌のMeets。
明日7月1日発売の8月号で、島之内フジマル醸造所とパピーユジャポネーズを
掲載していただきました。

今回のテーマは「街で逢いたい、ニッポンの酒。」
ワイン好き、酒好き、ビール好きな方には見逃せない一冊かと。

b0206537_15565475.jpg

巻頭見開きからいきなりフジマル醸造所が。
秋以降は収穫したばかりのブドウの香りにウットリしつつ、
階下で繰り広げられるワイン造りの様子を眺めながら、
ゆっくりとワインと食事をお楽しみいただけます。

また8月4日には音楽とワインとお料理の踊れるイベント
「VINO È MUSICA 2」
が開催されます。詳しくはリストランテ ダ ルーポ322さんのブログをご覧ください。

その後も我らがボス藤丸がたびたび誌面を賑わせますが、
あの方やこの方など知ってる人が各方面にたくさん登場。

b0206537_15573381.jpg

そんななかで大変恐縮なのですが、67ページでは
パピーユジャポネーズのことも紹介していただいています。
イチ押しの旭洋酒、もちろん各種取り揃えていますよ~!

明日からいよいよ7月。1日の月曜日は定休日ですが、
2日(火)より皆様のご来店をお待ちしております。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-30 15:58 | 掲載情報 | Comments(0)

一週間ぶりのブログ更新となってしまいましたが。。。
週末は恒例の店頭テイスティング実施中!

今回は大阪・カタシモワインさんの

★キングセルビー メルロ2011

b0206537_21452318.jpg

をあけてお待ちしております。

ひっそりとした木質的な匂い。青野菜、湿った土、白こしょう、黒系ベリー。
全体が奥ゆかしくまとまっていて、細身ながらタンニンはしっかりと感じさせる
力強い構成。決して華やかではないのですが飲み込んだ10分後くらいに
思い出し笑いをしてしまう、気のおけない美味しさ。

肉じゃが、酢豚、モツ煮込み。酒場のアテか白ごはんにあう家庭料理全般に
いけそうです。

大阪のメルロ、やはりいいですねえ。。
大阪ワイナリー各社のメルロをいつか飲み比べてみたいものです。
フジマル醸造所だけまだ造っていませんが。

いろいろ新着ワインもそろえて、皆様のご来店をお待ちしております!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-29 21:47 | 近畿のワイン | Comments(0)

バーダップワイン。
Bird Up!
ちょっとネイティブっぽく発音してみてくださいね。。

b0206537_15434084.jpg

山形県赤湯温泉にある酒井ワイナリー。
ワイナリーは行ったことありませんが温泉へは行きました。
味のある共同浴場が何軒かあって、とってもいいところです。。。

その酒井ワイナリーの自社葡萄畑の地名が鳥上坂。
Bird Up それでバーダップというわけです。
私も実はたった今そのことを知りました(笑)

このネーミングセンス、そして四半世紀ぶりくらいに懐かしいエチケット。
それらが逆に新鮮に感じられるから面白いものです。

山形県赤湯で収穫したマスカットベリーAとブラッククイーンを、
樽を使わず瓶貯蔵のみで熟成。無濾過、無清澄、無殺菌。
赤湯産ブドウの風味を大事にした、果実感あふれる一本。

無濾過ですがそんなに濁っているということはなく、むしろ
はちきれんばかりのピュアなベリー香が特徴的。北っぽい酸味が
適度に脇を固めて、口数は少ないけど足腰の強い素朴な好青年、
といった印象でしょうか。

焼き鳥、味噌煮込み、おでん、マグロぶつ。
家族で食卓を囲んだときに、一本あると重宝しそうなワイン。
本来ワインって、みんなで寛ぐために気軽に楽しむものだよね、
ってことをあらためて気づかせてくれる、そんな赤ワイン。

今日と明日、店頭で試飲いただけます。お買い物ついでに
お気軽にお立寄りください~!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-22 15:44 | Comments(2)

大阪ワイナリー協会のワイン会が終わったと思いきや、
またもや大阪ワインのイベントです(笑)
もう見飽きた、なんて言わないでくださいね~。。

f0097199_15282149.jpg

冗談はさておき、こちらもかなりお得なイベント。
前売り券2,000円で大阪ワインまたはバル参加店のドリンク3杯分と、
お料理3店舗分がお楽しみいただけます。

人気の飲み歩きイベント「バル」と、いま話題の「大阪ワイン」のコラボ。
アクセスも便利な阪急うめだ本店レストランフロアにて、ごゆっくりとお楽しみいただけます。

さらに27日(木)19時半からは大阪ワインセミナーを開催。
立食スタイルでの試飲・試食付きで3,000円、造り手の話を聞きながら
大阪ワインとイタリア料理のマリアージュが体験できます。
こちらは「トラットリア・アル・ボンピエーレ」さんにて。

お仕事帰りに、お買い物ついでに。
大阪ワインでゆるりとハシゴ酒はいかがでしょう~
公式サイト

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-19 15:38 | イベント | Comments(0)

二日間続いての非常に内容の濃いイベントが終わりました。
心地よい疲労感と達成感、じわじわとこみあげてくる嬉しい余韻に浸りつつ、
まずはご参加いただいたお客様に、そしてご協力いただいたたくさんの方に、
この場を借りてお礼申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

f0097199_20115931.jpg

記念すべき大阪ワイナリー協会・第1回ワイン会。
告知直後は申込数が伸び悩み不安もありましたが、
当日は大勢の方でにぎわっていました。

大阪の個性あふれるワイナリー6社の代表が一堂に会した日。
最初こそピリッとした緊張感がありましたがそこは大阪、いつものように
漫才的?なトークが始まると、ワイングラス片手に笑い声のボリュームも急上昇。

f0097199_20132338.jpg

最初の乾杯はたこシャンのマグナム。
ボトルを次々とあけてグラスに注いだのですが、
たちのぼるデラウェアの甘美な香りがたまりません。

醸造家同士のトークショー、各ワイナリーの紹介、プレゼント抽選会。
空いたワインの本数は370本以上におよび、大阪産の素材を用いた
お料理も中央のテーブルからは綺麗になくなっていました。

f0097199_2014153.jpg

あっという間の2時間半。最後は飛鳥ワイン仲村社長による大阪締めにて。
これからの「大阪ワイン」がますます楽しみになる、アツいワイン会でした。


その余韻を引きずったまま、翌日は業務店様向け日本ワイン大試飲会@大阪。
前々からいろいろと準備をしてまいりましたが、やはり当日を迎えるまで心配でした。
お客様は来てくださるのか。満足していただけるだろうか。
ワイナリーの方に「参加してよかった」と思っていただけるだろうか。

f0097199_20243760.jpg

広々とした空間を取り囲むように、
ずらり41社のワイン238種類を並べて13時半にスタート。
15時半頃には会場がほぼ満杯となり、ワインを扱うプロの方たちの熱気が
充満しておりました。

f0097199_20251053.jpg

試飲したワインについて、疑問点や感じたことなどをすぐ目の前の造り手、
もしくはそのワインを造っている会社のスタッフに直接聞けるということ。
しかも日本語で。大阪にいながら日本各地のワインがグッと身近に感じられた一日でした。

f0097199_20253481.jpg

ブームではなく、豊かな日常としての日本ワイン。
もっともっと家庭の食卓で、レストランで、バーで、居酒屋で。
いろんなところで楽しめるようになったらいいなあ。
そのお手伝いができたらいいなあ。

イベントは終わりましたが、これからがはじまりなんだと思います。
まだまだ盛り上げます、日本ワイン!どうぞお楽しみに~

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-18 20:40 | イベント | Comments(0)

満月Pub.22@旬菜桜花

楕円に公転している月が地球に最も接近する現象、スーパームーン。
月に一度必ずやってくる満月ですが、今回はいつもより大きく見える頼もしい満月。

スーパームーンからパワーをもらいながら、暑い夏の一夜を、
大切なことを思い出しながらゆっくりと楽しみませんか?


22回目の満月Pubは6月23日(日)、淀屋橋からほど近い

旬菜桜花さん

にて開催します!
今回は日曜日ということで早めのスタート、16時から23時までとなります。
季節の移ろいを感じながら、桜花さんのお料理をお楽しみください。

ワインは日本ワインを中心に、北の涼しそうなものをいろいろと。
繊細な和食にそっと寄り添うような、気の利いたセレクトになるはずです。

もちろん桜花さんですので当然日本酒にも力が入ります。
おなじみ杉本商店さんとかむなび伊戸川さん、今回はどんな日本酒を
楽しませてくれるのでしょうか。

さらに特別ゲストとして「菊鷹」を醸し出してる愛知県の藤市酒造から、
加藤蔵元と山本杜氏が来てくださいます。いま日本酒業界で話題の
「菊鷹」全5種類をお楽しみいただけ、蔵元・杜氏とも色んなお話が
出来るよう準備しております。

そんな和な空間にあわせてどんな音を紡いでくださるのでしょう、
出張ワインバー&DJはもちろんNadja米沢さん。

初夏の日曜日、浴衣姿でふらりと立ち寄るのもイイかもしれませんね!

今月も芦屋VERTさんと同時開催です。
こちらもお気軽にお立寄りください。

夏一歩手前の、ワクワクする空気にあふれた水無月・満月の夜。
みんなで同じ星空を眺めながら。
心を繋げて、思いをひとつにしてみませんか?


第22回開催日 2013年6月23日(日)
時間     16:00-23:00
( Foodラストオーダー22:00)
      

場所      旬菜桜花
        大阪市中央区高麗橋4丁目5-13 淀屋橋サテライトビル 1F
      
       ※当日は立飲みスタイルの為、ご予約はお受けしておりません。
        気が向いた時間にふらりとお越しください。  

料理     小皿料理 1皿   300円~
      

ドリンク   1グラス 300円~
       杉本商店、かむなびセレクトの日本酒
       ワインバーナジャ 米沢氏セレクトの音楽、出張ワインバー
       ワインショップFUJIMARUセレクトのワイン、ビール

<同時開催> 芦屋VERTさん17:00-22:00 芦屋市大桝町5-8-101
       ※詳しくはVERTさんのHPをご覧ください。

      
満月の夜、ちょっとだけ立ち止まって、みんなで同じ空を見て過ごしませんか?
ワインやビール、日本酒を片手においしいお料理をいただきながら・・・。


満月Pub開催に至った経緯はこちら

お一人様、初めての方もお気軽にどうぞ。


PS.前回の満月Pubで、月のことにめっちゃ詳しいお客様がいらしてまして、
6月の満月についていろいろ教えていただきました。ありがとうございます!

6月はやぎ座満月です
◯今回もスーパームーンです◯
※ スーパームーンとは : 「月が地球に大接近する現象」です
    月は楕円に公転してるので近づいたり遠ざかったり!
    なので スーパームーンは 大きく見える お月サマなのです^^

高まる 満月パワーで 軌道修正!!
およそ 半年前 新たに仕事を始めたり
目標を立てたり 新しいアイディアを 考えたりしてませんでしたか?
やぎ座満月は 少し悲観的に物事を捉えがち (・・;
仕事も 恋愛も・・・

でも 明るい未来を信じて 軌道修正しましょう♫
ポイントは 「感謝」 「謙虚」 「素直」 ですよ^^


軌道修正!前向きに行きましょう~。
                              D.ARAMAKI

f0097199_23185281.jpg

[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-17 01:39 | 満月Pub | Comments(0)

ずっと続いていた空梅雨の分を、
取り返すかのような雨が降り続く大阪市内。
農作物的には恵の雨と言えそうですが、
あんまり降りつづけられると、ブドウ畑が心配に。。

さて今週末のテイスティングアイテムですが、

北海道ワイン/北島秀樹ミュラートゥルガウ2012

b0206537_1731930.jpg

でいきたいと思います。
ぶどう作りの匠・北島秀樹氏の名を冠した北海道ワインでも人気のシリーズ。
「いいワインはいいブドウから」とはよく言われますが、これだけ大きく
ボトルにその名が刻まれるのは栽培家冥利に尽きるのではないでしょうか。

●昭和60年から始めた葡萄栽培の全てが詰まったワイン
●北島秀樹氏の葡萄への愛情が連想されるようなワイン
●出来上がるワインの味を想定しながら葡萄を栽培することのできる国内屈指の栽培家
●徹底した土壌管理と気候データを駆使した葡萄作り

北島秀樹氏のブドウから造った北海道の白ワイン。
マスカットの甘い果実香に、ほのかに白い花や爽やかなハーブのニュアンス。

続きは店頭で。。。!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-15 17:32 | 北海道・東北のワイン | Comments(0)

ケーブルTV『J:COM』の大人気放送中の
『どやメシ紀行』でご紹介頂きました。

番組情報はこちらもご覧ください。
どやメシ紀行



[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-15 08:47 | 掲載情報 | Comments(0)

山梨市牧丘町、ヴィニュロン山上直氏が標高約800mの山あいで、
2007年から栽培するソーヴィニョン・ブラン種主体。

農園の名は「グルペット」。
自転車レースで先頭集団から外れた選手たちが協力して
時間内にゴールするためにつくる集団の意味だそうですが、
なぜそれが農園の名前になったのでしょう。。。

山上直氏が自転車が好きだから?
ブドウ造りにおいて、この協力する精神が大切だから?
単に語感がよかったから?

b0206537_15261276.jpg

グルペット・ブラン2012
標高の高い畑からとれた十分な酸と糖度ののったソーヴィニヨンブラン。
醸造はいたってシンプルに。
じっくりと味わってみると、農園名の由来も少しは理解できるかもしれません。

非常に生産本数の少ないワインですので、気になる方はどうぞお早めに。


もうひとつは赤ワイン、
ルージュ・クサカベンヌ2012

日下部地区の果樹農家手島宏之氏がワイナリーのすぐ裏手で栽培する、
優等生的マスカット・ベイリーA。2012年は稀にみる当たり年だそうで、
発酵後櫂で潰したときの香りがただ者ではなかったそうです。

旭洋酒さん曰く「美味しい焼き鳥屋さんに持ち込みたい一本。」
もうこの一言だけでワインの美味しさが想像できます(笑)

昨年新酒で味わった2012年の日本ワイン。
熟成を経て今まさに味が乗ってきている頃かと。
なにしろ数が少ないので店頭試飲には回せそうにないのですが、
ぜひお試しいただきたいワインです。

皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-12 15:29 | Comments(0)

今週末のテイスティングは、入荷したばかりのこちら!

★琵琶湖ワイナリー(太田酒造)
 浅柄野レッドミルレンニューム(白)
 浅柄野ヤマ・ソーヴィニヨン(赤)

b0206537_14103876.jpg

今回は2本立てで試飲いただけます。
琵琶湖ワイナリー?私も最近知ったのですが、昭和50年にうまれた
歴史のあるワイナリー。原料ブドウはすべて自社畑でまかない、研究機関を
設けて減農薬栽培にも取り組むなど、ブドウ栽培に力を入れています。

先々月の満月Pubでナジャの米沢さんが持ってこられていたのが、
この琵琶湖ワイナリーのナチュラルポップライフ。
フランス・ローヌ地方の大岡さんのもとで修行されていた方が
醸造家として関わったワイン(こちらは数量限定キュベにつき完売)です。

b0206537_1411135.jpg

さっそく開けてみました、まずはレッドミルレンニューム。
白桃やライチの香り、ヨーグルト的な雰囲気。
フレッシュ感、ライブ感、シズル感にあふれた甘酸っぱい元気なお酒。
瓶底には澱たっぷり、好きな人にはたまらないにごりワイン。

ヤマ・ソーヴィニヨンは濃厚な真紅色をたたえた厚みのある味わい。
黒インク、プラム、リキュール。無邪気な酸味がアクセントとなる、
胸板厚めなちょいワルおやじ。

いいんじゃないですが琵琶湖ワイナリー。
これからの展開も楽しみです!

どうぞお気軽にお立寄りください。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-06-08 14:22 | 近畿のワイン | Comments(0)