個性的な甲州ワイン

当店にある日本の白ワインのうち、およそ半分近くを占める甲州ワイン。
香りは穏やかで緩やかな酸味、柑橘的な果実味とアフターに広がる心地よい苦み。
判で押したような甲州ワインの特徴ですが、この甲州らしさに固執するあまり、
平均的にレベルが高い典型的な甲州が市場に出回っているように思います。

もちろん適正な価格で普通に美味しいワインが広く流通することは
素直に喜ばしいことなのですが、ワインの魅力のひとつ「個性を楽しむ」
という観点からすると、もう少し我の強い甲州ワインがあってもいいのではないか、
そんな思いも頭をよぎります。

そこで今回はちょっと変わった個性派甲州をご紹介!まずは


★丹波ワイン/生詰未濾過(甲州)2012
濾過も加熱処理もせず、生詰めでボトリングしました。やや辛口で、
酸味と果実味のバランス良く、かすかな苦みが全体を引き締めています。
はものエスカベッシュや鱸のマリネ、茄子の揚げ浸しなどと相乗します。

b0206537_16272491.jpg

入荷したばかりでまだ飲んでいないのですが、未濾過の甲州ということ、
そしてボトルデザインに惹かれました。
はものエスカベッシュや鱸のマリネ、茄子の揚げ浸し。非常に具体的で
食卓のイメージが湧いてきます。


★マルスワイナリー/甲州ヴェルディーニョ2012
2012年9月に甲府盆地で収穫された適熟甲州葡萄から、フリーランジュース
のみを用いて低温発酵し瓶詰め。発酵由来の炭酸ガスがわずかに溶け込んだ、
活き活きとした味わいが特徴です。
b0206537_16275586.jpg

気分的には夏向けですが、最初の一杯には最適。アルコール度数も10度と低めで
クリスピーな触感が気持ちいいです。柔らかくおおらかな酸とじんわり染みこむ
優しい果実味。こういうポジションの甲州は唯一無二かもしれません。


★ココファーム/甲州FOS2009
「甲州F.O.S」は淡くやわらかな白ワインとは正反対です。可能な限り葡萄から
香りと成分を抽出し、赤ワインをつくるように皮と共に発酵させました。
(注意:これは白ワインです。)他の白ワインとは違う、深い色、
広がりのある複雑なアロマ、渋味がつくる口当たりの強さを有するワインになりました。
すべての人に受け入れられるとは思いません。でも、“常識破り”に興味のある方、
冒険したい方は普通でない、パワフルな甲州をお楽しみください。

b0206537_16282947.jpg

それまで飲んだ事のある甲州ワインと比べて目から鱗だったワイン。
ブランデーを思わせる凝縮感のあるアロマ、ほとばしる苦みとその奥にある繊細な旨み。
ファーメンティッド(F)・オン(O)・スキン(S)、果皮を浸漬したままの発酵。
甲州ブドウのあらゆる個性を引き出した、ある意味ココファームのフラッグシップ
なのではないか、とさえ思っています。

ワインの個性が強すぎてお料理には?と思われるかもしれませんが、これが
中華料理などと好相性。チーズなど発酵食品全般にも面白そうです。

造りはだいたい同じでも醸造家によって味わいが異なってくるのがワインの面白さ。
狭いようで実は深い甲州ワインの世界に、分け入ってみませんか!?

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-09-29 16:42 | ワイン全般 | Comments(0)

日本の農家の蔵を思わせる、ひっそりとした木や藁の香り。
懐かしい気持ちでワインを口に運ぶと、味わいは意外にしっかり系。
凝縮感があり、味がのっていて、細身ながらも前に出てきて主張する芯の強さ。
余韻にも確かな存在感があり、このワインでなきゃダメだ、
と思わせる何かがあるんです。

アルプスワイン/AWプラチナコレクション甲州2010

b0206537_172145.jpg

何度か週末テイスティングにも登場しています山梨のアルプスワインですが、
プラチナコレクションシリーズになるとさすがに存在感が違います。
ワイノット最新号も販売しております。日本ワイン特集です!

ジャパニーズスタイルシリーズが土地と品種の個性をストレートに表現
しているとするならば、こちらは醸造家の考え方が反映された、
思いの詰まったワイン群。日本では珍しいシラーも、
そういえばプラチナコレクションシリーズでした。

日本の甲州種からできるワインをいろいろ飲んでいると、良くも悪くもみな平均点以上で
やや似通ったところが多いのも事実。しかし探してみると、まだまだ個性的な甲州は
あるみたいです。

秋のお魚、秋のお野菜、そして秋の山菜。秋深まるニッポンの食卓に、
甲州ワインはいかがでしょう。
今週末はアルプスワイン/AWプラチナコレクション甲州2010
を試飲で開けております。他にもいろんな甲州酒を取り揃えております。
どうぞお気軽にお立寄りください。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-09-28 17:22 | 関東甲信越のワイン | Comments(0)

9月もあとわずか、いよいよ10月へ。
今年も残すところ3ヵ月ばかりとなりました。

暑かった夏も過ぎ去り、過ごしやすい秋の到来が待ち遠しいところ。
目移りしそうな秋の食材も楽しみです。

そこで、これからの季節におすすめなワインを選んでお得なワインセットを組みました。
デイリーに楽しめるように、10,000円~12,000円のお手軽なワインセットです。

★<食欲の秋!ワインの秋!白・ロゼ・赤6本12,000円セット>
白はイタリア・フリウリからマルコサーラのタルディーヴェ。
遅摘みのブドウを辛口よりに仕上げた、味わい豊かな一本。
もう一本はアルベルトテデスキのピニョレット・スプンゴラベッラリア。
2010年もやっぱり気になるワインです。

ぜひ飲んでいただきたいロゼワインはマルセルラピエールのボジョレー・ロゼ2011。
ごくごく自然な果実の旨みが、まったりと広がるんです。

赤ワインは秋の食卓を意識してボルドー、トスカーナからバランスのいいものを。
そしてローヌから凝縮感のある一本、お肉が食べたくなる美味しさです。

以上、こんな感じの秋ワイン6種類セットです。
自信をもっておすすめします~

ご注文はこちらから

定価ですと16,380円になるこれらのワイン、12,000円でのご案内です。
一本あたり約2,000円、どうぞお楽しみに!
マルコサーラ/11タルディーヴェ
アルベルトテデスキ/ピニョレット・スプンゴラベッラリア
マルセルラピエール/11ボジョレー・ロゼ
シャトー・ルピュイ・デュックデノーヴ
パーチナ/チリエジョーロ
クロデムール/11コートデュローヌ・ルージュ・ヴィラージュ
※内容は一部変更の可能性がございます。ご了承ください。

★<気軽にシュワシュワ!ペティアン6本セット>
強すぎない、ほんのりと優しい微発泡もしくは微微発泡のワイン(シードル)を
6種類セレクトしました。

まずはフランス・ブルターニュ地方のシードル。
遊び心のある見た目とは裏腹に、かなり本気なシードルです。

続いてアランルナルダファッシュのビュジェ・セルドン。
飲みやすい甘みを備えていますが、その奥にある旨みにハッとさせられます。

日本でもペティアンは大人気。こちらマルスワイナリーが造る
その名もペティアンドマルス。くせになる酸が心地よくて、
あっという間に飲み干しちゃいます。

イタリアはヴェネトからおなじみ、コステピアーネのフリッツァンテ。
暑い季節にも旨いですが、涼しい季節にしっぽりもおすすめ。

おなじくイタリアはロンバルディアから、カミッロ・ドナーティの
トレビアーノ・フリッツァンテ。泡がなくなっても白ワインとして十分おいしいです。

ラストはフランス・ローヌ地方からレシャンリーブルのサンペレイ。
南仏らしい熟れた果実の旨みを、優しい泡が軽快に包み込みます。

以上、こんな感じの6種類ペティアンセットです。
お楽しみに!

ご注文はこちらから

シリルザンク/シードル・ブリュット
アランルナルダファッシュ/ビュジェ・セルドン
マルスワイナリー/ペティアンドマルス
コステピアーネ/フリッツァンテ・シュールリー
カミッロ・ドナーティ/トレビアーノ・フリッツァンテ
レシャンリーブル/サンペレイ・メトードトラディショナル
※内容は一部変更の可能性がございます。ご了承ください。

★<秋に飲みたい日本ワイン5本10,000円セット>
シードル1、白1、甘口ロゼ1、赤2で5本という内容です。
食欲の秋に飲みたいワインをお選びしました。どうぞお楽しみに!

りんごのお酒、シードルは長野のリュードヴァンから。
透き通るような爽やかさとじんわり広がるりんごの旨み。

白ワインは塩山洋酒のザルツベルグ甲州。
ステンレスにて発酵させた甲州と別の酵母にて発酵させ、
樽熟成した甲州をブレンド。記憶に残る、なかなか意欲的な味わいです。

ロゼはタケダワイナリーの蔵王スター・アイスワイン・ロゼを。
思わず笑顔がこぼれるチャーミングな甘みとブドウの風味。

赤はどちらもマスカットベリーAを選んでみました。
イケガワさんが栽培したブドウだけを使った酒折のキュヴェイケガワは、
日本を代表するベリーAの一本かもしれません。そして山梨ワインのベリーA。
こちらも柔らかくいい意味で肩の力が抜けたような味わい。ぜひお試しください!

以上、こんな感じの5種類セットです。
お気軽にどうぞ~

ご注文はこちらから

リュードヴァン/シードル
塩山洋酒/12ザルツベルク甲州
タケダワイナリー/12蔵王スター・アイスワイン・ロゼ
山梨ワイン/12ベルカント・マスカットベリーA樽貯蔵
シャトー酒折/マスカットベリーAキュヴェイケガワ
※内容は一部変更の可能性がございます。ご了承ください。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-09-25 18:54 | ワインセット | Comments(0)

まだ先の話かもしれませんが、今年も新酒の季節がやってきます。
フランスのボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は11月21日の木曜日。
オーストリアのホイリゲは11月11日出荷開始予定。
ギリシャ、南仏、ロワールのヌーヴォーはボジョレーよりも
少し早い時期に飲めるかもしれません。

まだ出来上がっていないワインをお薦めするのは非常に心苦しくはありますが
まぁお祭りですし、葡萄の良し悪しというよりも今年のワインはどんなだ?
と楽しんでもらえればいいのかなと思います。
参考までに当店のヌーヴォーに対する考え方をどうぞ。

また、新酒のご予約はまだ出来上がっていないワインのご注文です。
今後の現地の気候や到着までの事故などで用意ができない可能性もあります。
あらかじめご了承ください。

特に私たちが扱っています小規模だけど気持ちのこもった生産者たちは、
よりよいワインにするために様々なリスクを背負ってワイン造りに
励んでいます。自然相手の仕事ですので、不測の事態も考えられます。
どうぞお含みおきください。

f0097199_192028.jpg


続きはこちらから
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-09-23 15:45 | ワイン全般 | Comments(0)

もうどうにもたまらない匂いを発しながら、居丈高な佇まいで皿の真ん中に鎮座する
茶色くてぶ厚い物体、その名はハンバーグ。小脇にキャベツの千切りを従え、
しんがりには懐かしのナポリタン・スパゲッティ。冠には黄身を内包したままの
華奢な目玉焼きをいただき、いったいどこから手を付けていいのやら
途方に暮れる始末。

b0206537_16262681.jpg

意を決してフォークをハンバーグにあてがいました。
それまでじっと堪えていたのに、土俵を割ったとたん
あられもなく滲み出てくる肉汁。
職人の意地と誇りが込められた、熱いアツい肉汁でした。

b0206537_1627087.jpg

今回のウラなんば情報は、大阪ミナミの洋食屋「欧風料理 重亭」さんへ。
同じくミナミの老舗洋食店「しき浪」さんが閉店されたのはつい先日のこと、
いまやミナミの洋食ニーズを一手に担っているといってもいいでしょう。

お昼時ということもあり店内は満席。明るく活気に満ちた店内は、
少し厳かな雰囲気のある外観からは想像がつかないかもしれません。

サービスの女性にお勧めを尋ねると帰ってきた答えは件のハンバーグ。
私の体格を見てすかさず1.5倍(270g)を勧めてくるあたりに、
さすが商人の街・大阪の洋食屋さんだな、と感心せずにはいられません。

話をハンバーグに戻します。
目玉焼きを割り、デミグラスソースによ~く浸したハンバーグをひと口。
その柔らかさと芳醇さはある程度予想し得たものでしたが、驚いたのは
意外なほどの軽快さでした。

軽いのではなく軽やか。ギュッと味は詰まっているのですが、
抜けがよく、もたれない美味しさ。長く持ったバットをぶんぶん振り回してくる
助っ人外国人に、いきなりセーフティーバントをくらったような驚きでした。

b0206537_16273856.jpg

そしてまた白ご飯によくあうんです。昭和21年創業時から継ぎ足しで
使っているというデミグラスソースに、自家製ケチャップソースを絡めた
照焼き醤油風味のソース。洋食でありながら日本人の琴線に触れる「なにか」を、
このソースは含んでいるんです。

そんなソースをたっぷりと身にまとわせたキャベツとナポリタンスパゲッティも
隅々まで完食。今回は白ご飯とのマリアージュでしたが、こちらではメニューの
すべてがお持ち帰り可能とのこと。いつかこのハンバーグを肴にクラシックな
ボルドーの赤か、野性的な南イタリアのアリアニコか、はたまた日本の
マスカットベリーAあたりを楽しんでみたいと思います。

「ごちそうさまでした。美味しかったです。」
「ありがとうございます~。またお越しくださいね~。」
年季の入った算盤を軽快に弾く音を背中に聞きながら、
大満足のうちにお店をあとにしました。

大阪ミナミへお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

Dai Aramaki

欧風料理 重亭
大阪市中央区難波3-1-30
06-6641-5719
11:30~15:00
17:00~20:30
定休日:火曜日(祝日・祭日の場合は翌日)
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-09-22 16:29 | ウラなんば情報 | Comments(0)

フレッシュさを感じさせる細かい気泡に、淡い黄色がかった外観。
ユリの花、白桃、白こしょう。葉っぱの匂いも入りまじり、
日本ワインらしい奥ゆかしい仕上がりに。

果実の旨みと柔らかい酸と、スーッと忍び寄るような細かい苦み。
それらがうまく配されていて、飲み込んだあとにキュッと
心地よい余韻が伝わります。

例えていうならば、お出汁に酢橘を絞ったような液体。
しっかりアルコールもあるのですが、それを目立たせない
統率のとれた指揮に、スタンディングオベーションを捧げたいくらい。

今がおいしい秋刀魚の塩焼きとどうぞ。
酢橘やレモンを絞って食べるようなお料理とは、
基本的になんでもあいそうです。

あ、ワインの名前をまだ書いてなかったですね。。。

b0206537_14204720.jpg

中央葡萄酒/グレイス グリド甲州2012年

ジャパン・ワイン・チャレンジにおいて金賞、
最優秀日本ワイン賞およびトロフィー最優秀甲州賞を受賞したとか。
さもありなんといったところです。

国産ワインコンクールでも受賞の多かった中央葡萄酒。
ブドウの質の高さとハイレベルな醸造技術が組み合わさった
ワインは、どれを飲んでも安心できる美味しさです。

ワイン流通の本場ロンドンへも輸出されている中央葡萄酒。
日本ワインのおいしさを実感していただくのに格好の一本かもしれません。

本日9/21(土)~9/23(祝・月)まで三日間、店頭にて試飲いただけます。
三連休中はずっと営業しておりますので、ミナミへお越しの際は
お気軽にお立寄りください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-09-21 14:24 | 関東甲信越のワイン | Comments(0)

そういえば今年2013年のワイン造りの模様を、
まったくブログで紹介できていませんでした。。。
ワインショップFUJIMARUのブログを楽しみにされていた方、申し訳ありません。

デラウェアとベリーAの収穫を終え、ワイナリーでは仕込みの毎日が続いています。
島之内フジマル醸造所にお越しいただければ、1階ワイナリーでの
ワイン造りの様子がご覧いただけます。そして2013年収穫、
仕込んだばかりの生樽デラウェアもお楽しみいただけます。

f0097199_2137509.jpg

収穫の様子やワイン造りについては、私(荒槙)が
マガジンハウスWEBダカーポのエリアナビ大阪・グルメ&ワイン
のコーナーに記事を書かせていただきました。
毎回ワインのお話というわけではなく、ワインや食にまつわる
大阪ならではのトピックを、いちワイン好きの視点から
書かせていただいています。(ほぼ月刊です)
どうぞご覧ください。
WEBダカーポのエリアナビ大阪・グルメ&ワイン
「いよいよ、ミナミの街中でワインが産まれる?!」


ワイン造りにつきましては季節ごとに追いかけていき、
また何らかの形でレポートしたいと思います。
どうぞお楽しみに!

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-09-14 21:44 | ブドウ畑・ワイン造り | Comments(0)

ほんのり淡く深みのある色合い。
グラスに鼻を近づけると、深遠なオークの香り、土の匂い、赤いドライフルーツ
などが混然一体に。。。

柔らかくスーッと入ってくる滑らかさがありながらも、
口中では一本筋の通った芯の強さも。
時間とともにだんだんと表情がほぐれてきそうな、
そんな予感を漂わせるワイン。

今週末の店頭テイスティングはこちら、

b0206537_1425887.jpg

楠ワイナリー/カベルネ・メルロー2011

を開けています。
北信州・長野県は須坂市に広がる、日滝原という扇状地にある楠ワイナリー。
昔から美味しい果物の産地として知られていますが、
このワインを飲むと「なるほどなあ」と思わず頷いてしまいます。

明るい果実味と適度な酸、締まりのあるフィニッシュと滲み出るような旨み。
冷涼な地域らしい繊細さに満ちた、心が軽くなるような味わい。

美味しいものが食卓に並ぶこれからの季節にぜひオススメです。
今週末は土日と月(祝)も営業しておりますので、ミナミ方面にお出かけの際は
お気軽にお立寄りください。

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-09-14 14:04 | 関東甲信越のワイン | Comments(0)

世界中あちこちで造られ、飲まれているワイン。
フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、アメリカ、オーストラリア、そして日本。
挙げればキリがないのですが、いまラシーヌさんが注目しているのがグルジアのワイン。
ワイン造りの歴史は古く、ワイン発祥の地とも言われています。

もちろんラシーヌさんが取り扱うグルジアワインは、ただ物珍しいから、ということは
ありえません。生産者になんらかの哲学があり、その想いがボトルに込められていること。
液体として表現されていること。飲んだ時に「おいしさ」だけではなく、
「なにか」が伝わること。そんなグルジアワインを発掘したラシーヌさんが、
関西のワイン好きな方にもぜひご紹介したいということで、“グルジアの夜”こと
ジョージアンナイトを企画されました。

開催場所は塚口にありますワインバー・ナジャさん。
塚口最古のワインバーで、銘醸地のワインのみならずマイナーな産地から、
無名でも情熱あふれる生産者のワインをたくさん紹介してくださっています。

辺境の音楽を愛し、ワインと料理になみなみならぬ愛情を注ぐナジャの米沢さん。
まだ未知の世界ともいえるグルジアワインの真髄に触れる場として、
これ以上のお店はないと思います。

そして、鋭い方ならもうご賢察いただいたでしょうか。。。
お料理はナジャにも深いゆかりのある京都ル・キャトーズィエムの茂野シェフにお願いしました。
フランスのビストロやシャルキュトリーで腕を磨き、東京・祥瑞でたくさんの肉好きを魅了した
茂野シェフ。満を持しての京都ル・キャトーズィエム開店、連日ワイン好きや肉好きのお客さんで
賑わっているのは、このブログをご覧の方ならお分かりかと思います。

そんな茂野シェフが、グルジアのエッセンスを取り入れたお料理を披露してくれます。
グルジアのワインに込められたたくさんの「なにか」を、きっと引き出してくれることでしょう。

欧米とは異なる独自のワイン文化が育まれてきたグルジア。
ワイン名も読みづらいものが多いのですが、ワインを味わうことは万国共通。
グルジアワイン×ナジャ×茂野シェフ
このコラボからどんなメッセージが発せられるのか、楽しみではありませんか?!

ラシーヌさんが企画した

ジョージアンナイト@ナジャ

ワインショップFUJIMARUも、全力でお手伝いさせていただきます。

独自の世界観を持ったグルジアワインを、塚口最古のワインバー・ナジャで、
茂野シェフのお料理とともに。。。

記憶に残る、かなりエキスの濃い会になりそうです。
どうぞご期待ください!

Dai Aramaki

日時:10月23日(水) 20:00~23:00
(19時から開いてますのでアペリティフも大歓迎)
場所:ナジャ
兵庫県尼崎市南塚口町8-8-25 グローバル園田学園前1F
TEL:06-6422-3257
会費:8,000円(ワイン、食事代込)

お問合せ・お申込みはワインショップFUJIMARUまで
06-6643-2330

オンラインショップでもお申込みいただけます。

b0206537_1755699.jpg

[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-09-11 15:40 | イベント | Comments(0)

満月Pub.25@羽山料理店

9月に入り、まるで手のひらを返したように涼しい日が続く大阪。
秋空のもと大切なことに思いをはせながら、みんなで、
素敵な満月の夜を過ごしませんか。

25回目の満月Pubは9月19日(木)、靱公園向かいにあります
羽山料理店さんでの開催です!

今回は17時から26時(L.O24時)まで、羽山料理店さんのビストロ料理に
あわせて、初秋におすすめなワインと日本酒とベアードビールをお楽しみください。

満月Pub常連の方々にとっては毎度おなじみな羽山料理店さん。
もちろん初めましての方も大歓迎です。羽山料理店さんに行ったことが
ないという方、300円から羽山さんの小皿料理がいただけるので、
この機会にぜひどうぞ!

今回もル・シュクレクールさんがおいしいパンを持って参戦決定。
涼しくなってきたこの時期、どんなパンがいただけるのか楽しみです。
いつもいつも、早々に完売してしまうのでどうぞお早めに。

日本酒メニューは毎度おなじみ杉本商店さん。
そろそろバシッと味わい深い燗酒が欲しくなる季節です。。

ワインは秋色な感じのものを世界中から。みんなに飲んでほしい
ワインがどんどん増える季節です。いろいろ飲み比べてみてください。

出張ワインバー&DJはもちろんNadja米沢さん。
涼しくなってきましたが、ミッドナイトにかけてアツい音を期待しましょう。

今月も芦屋VERTさんと同時開催です。
こちらもお気軽にお立寄りください。

夜がだんだん長くなり、人恋しくなる長月・満月の夜。
みんなで同じ星空を眺めながら。
心を繋げて、思いをひとつにしてみませんか?


第25回開催日 2013年9月19日(木)
時間     17:00-26:00
( Foodラストオーダー24:00)

場所  羽山料理店
     大阪市西区靱本町2-5-1 1F
     ※当日は立飲みスタイルの為、ご予約はお受けしておりません。
       気が向いた時間にふらりとお越しください。  

料理  小皿料理 1皿   300円~ 羽山さん名物・ホルモン焼うどんがあるかも?!
     ル・シュクレクールさんのパン

飲み物 1グラス 300円~
      杉本商店さん、かむなび伊戸川さんセレクトの日本酒
      ワインバーナジャ米沢さんセレクトの音楽、出張ワインバー
      ワインショップFUJIMARUセレクトのワイン、ビール

<同時開催> 芦屋VERTさん17:00-22:00 芦屋市大桝町5-8-101
          ※詳しくはVERTさんのHPをご覧ください。


満月の夜、ちょっとだけ立ち止まって、みんなで同じ空を見て過ごしませんか?
ワインやビール、日本酒を片手においしいお料理をいただきながら・・・。


満月Pub開催に至った経緯はこちら

お一人様、初めての方もお気軽にどうぞ。

Dai Aramaki

f0097199_16321551.jpg

[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-09-11 14:26 | 満月Pub | Comments(0)