<   2013年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

本日10月30日(水)より11月5日(火)まで、一週間にわたり恒例の

阪神大ワイン祭

が開催されます。今回で35回目を迎える、ワイン好きやおいしいもの好きな方には
もうおなじみのワイン祭り。フリーテイスティングの銘柄は700を超えさらに
パワーアップ(とても全部は飲めないと思いますが・・)。

今回はスペインをテーマに靱公園のバレンシアさん、北新地の堂島精肉店さんが
乾杯!広場に出店。そして島之内フジマル醸造所も、できたての生樽ワインをはじめ
いろんな日本ワインとこだわりフードメニューをご用意して、
みなさまのお越しをお待ちしています!

プレミアムワイン販売にこだわりワインセット販売、おいしいものがズラリな乾杯!広場、
そして毎日催されるワインセミナーにワイン祭ライブと、一週間のあいだにギュッと凝縮された
阪神大ワイン祭、ぜひお越しください。

b0206537_17132919.jpg

そして島之内フジマル醸造所で気に入った大阪のワイン、日本ワインがありましたら、
心斎橋クロスホテルにありますパピーユジャポネーズでもお買求めいただけます。
(一部完売商品もございます、お問合せいただけましたら幸いです 06-6211-8141)
なんば心斎橋方面にお越しの際はお気軽にお立寄りください。

とくに11月2、3、4の三連休はライブに生産者セミナーなど目白押し。
もっともっと大阪ワインを身近に感じていただければと思います!
ご来店お待ちしております!
阪神大ワイン祭

Dai Aramaki

※島之内フジマル醸造所の設備で最初に醸造したワイン、
太子町デラウェア2013年発売中!太子町のブドウ農家さんから
購入したブドウを、補糖・補酸なしに仕込み無濾過・無清澄で
瓶詰めしました。酸化防止剤も加えていない“ブドウそのものの美味しさ”
をぜひお楽しみください!
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-30 17:16 | イベント | Comments(0)

b0206537_16242857.jpg

手作り感たっぷりな「ウラナンバイタリアン」の文字が躍る看板。
最近新店ラッシュが続く、家具屋さんが並ぶ通りに、
トラットリワ・アウンテイさんを訪れました。

b0206537_16245520.jpg

色とりどりの前菜にスープ、フォカッチャが付く手打ちパスタランチは
なんと850円。ズッキーニ、黄パプリカ、ブロッコリーは瑞々しい甘みがあり、
ゴボウのような人参、鯖寿司みたいなものなど創造性あふれる一皿。
あえてトラットリアではなくトラットリワと謳われている所以が垣間見えます。

b0206537_162513100.jpg

手打ち生パスタはミートソースのフェットチーネ。
たっぷり大盛りでいただきました。
大変コクのあるソースにむっちりとした食感が楽しい生パスタ。
さすがはラーメン居酒屋「阿吽亭」さんによる新展開、
麺には強いこだわりがあるようです。

b0206537_16281626.jpg

さっそく夜に再訪。ハートランドの中瓶で一息つきながら
チーズ盛合せを。ねっとり濃厚な白カビ、青カビ、ハードをまえに
そうそうと赤ワインへスイッチ。ピエモンテはトリンケーロの
バルベーラ・ダスティ・スペリオーレ、ほのかな薫香が料理への期待を募らせます。

b0206537_16283751.jpg

夜もやっぱり手打ち生パスタ。おすすめでいただいたのは
白子とネギのイカスミ麺。ツボをつくくすぐったい旨みに溢れていて、
残ったソースも余さずペロリ。お昼とはまた違った酒をよぶ美味しさ。

奥のスペースではライブが開催されたり、入り口近くには気軽に寄れる
立ち飲みスペースもアリ。カウンターには常連さんの笑顔が並ぶ、
すっかりウラなんばらしい雰囲気に包まれたトラットリワ・アウンテイさん。
これからまたどんな仕掛けで街を、私たちを盛り上げてくださるのか
とっても楽しみです!

トラットリワ アウンテイ
大阪市中央区難波千日前1-9
06-6630-8865
11:30-22:30 (14:00-17:00はカフェタイム)
不定休
ホームページ
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-27 16:30 | ウラなんば情報 | Comments(0)

搾りたての果物を思わせるような、うっすらと濁りのある外観。
熟したグレープフルーツ、ライチ、カリンのようなエキゾチックな香り。
甘酸っぱい味わいがストレートに感じられる、活き活きとした液体。

b0206537_1531961.jpg

琵琶湖ワイナリー/レッドミルレンニューム新酒2013 ノンフィルター

今週末のテイスティングは2013年の新酒、琵琶湖ワイナリーのこちらをご用意しました。

今年の夏前に入ってきた2012年のレッドミルレンニューム。
甘口という表記ながら実際は瓶内発酵がすすみ、ドライな口当たりと
爽やかな微発泡がウケて一部で大変好評を博しました。
(元気がよすぎて噴いてしまうこともありましたが。。)

あっという間に完売してしまい、渇望感が漂っていたところに。。
ふたたびあの甘酸っぱい味わいが帰ってまいりました。

ただ、当然まだ瓶内発酵がすすんでいないので、
しっかりとフルーティな甘みが残っています。発泡はそんなにありません。
しかし置いておくとまた変化していきそうな気がします。。
ぜひお確かめください。
琵琶湖ワイナリー/レッドミルレンニューム新酒2013 ノンフィルター

10月26日、27日と13時から22時まで営業しております。いつでも試飲可能です。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております!
なお10月28日(月)は定休日となっております。

Dai Aramaki

※島之内フジマル醸造所の設備で最初に醸造したワイン、
太子町デラウェア2013年発売中!太子町のブドウ農家さんから
購入したブドウを、補糖・補酸なしに仕込み無濾過・無清澄で
瓶詰めしました。酸化防止剤も加えていない“ブドウそのものの美味しさ”
をぜひお楽しみください!
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-26 15:09 | 近畿のワイン | Comments(0)

「肉うどんと、ご飯ください。」
正しくはかやくご飯のところをあえてご飯と省略する通人ぶった注文をだし、
コップに水を満たしてゴクリ。財布から570円を取り出したところにちょうど、
肉うどんとご飯(かやくご飯)が運ばれてきました。

b0206537_19502342.jpg

まずはネギが散らされた熱々の汁をひとすすり。
じんわり染みる出汁の旨みには崇高さすら感じてしまうほど。

硬くもなく柔らかくもないうどんを手繰りながら、合間合間に牛肉の細切れを。
そこに小さな幸せを感じつつ、でももう少し我慢しながら、ギリギリのところでかやくご飯を。
ただでさえ旨みに満ちたかやくご飯なのに、これはもう駆け馬に鞭。
額に流れる汗も気にせず黙々と、悠々と、毅然とした態度で一気に平らげました。

「安くてうまい」へのこだわりは、もちろんどの地域の誰しもがもっているとは
思いますが、こと大阪をはじめ関西圏においては、
それは執念といってもいいくらい浸透しているような気がします。

肉うどんとかやくご飯。なんでもない日常の食に、大阪の良心をみた思いです。

安くてうまい。 (続きはこちら)
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-25 19:53 | ワインセット | Comments(0)

『関西テレビ スーパーニュースアンカー』でご紹介頂きました。
本日放送です!
是非ご覧くださいませ。
放送時間16時48分〜17時54分

『関西テレビ スーパーニュースアンカー』←番組HPもご覧ください。

[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-24 11:57 | 掲載情報 | Comments(0)

大阪の台所ともいわれる黒門市場。
日本橋にありますワインショップFUJIMARUは、
黒門市場の外れにありますので、毎日のようにここを通るわけですが、
先日新しいお店ができてました。

海鮮串揚げ「串誠」さん。

まだ店内は準備中のようでしたが、店頭に調理器具と出来立ての串揚げを並べて
営業されておられました。朝8時半から開いてるそうです。

b0206537_16332571.jpg

豚ロースを1本テイクアウト。サラッとしたソースにくぐらせて熱々のうちに頬張ります。
衣はサクッと軽快、大ぶりな豚ロースは柔らかくむっちりとした質感。
噛むほどについ表情が緩んでしまう、それはそれは気持ちのいい串揚げでした。
これは海鮮や野菜の串揚げも楽しみです。

近くには天ぷら屋さんや、まぐろコロッケを作っているまぐろ屋さんもあり、
老舗のお豆腐屋さん、総菜屋さん含めてますます楽しいエリアになっています。
ワインショップFUJIMARUにお越しの際は、ぜひ黒門市場もお楽しみください。

さて。串揚げをいただきながらも、頭をよぎるのはワインのこと。
串揚げとワインを楽しませてくれるお店は大阪にもいくつかありますが、
ほんとによくあうと思うんですよね。。。脂をサラッと切ってくれる
爽やかな酸、閉じ込められた素材の旨みが露出したときに、それを受け止めてくれる
柔らかい旨み。

オリジナルソースとの相性もいわずもがなですし、小さなポーションの
串揚げにあわせて、ピンポイントでグラスワインの提案をいただくと、それはもう
芸術、ガストロノミーと言ってもいいのではないでしょうか。

そこまで突き詰めても楽しい世界がある一方で、
難しく考えなくても気軽に、すぐに楽しめるのが串揚げのいいところ。

野菜、海鮮、お肉といろんな素材が揃う串揚げに、この一本!と
おすすめするならば。ずばりロゼワインはいかがでしょう。

b0206537_1634497.jpg

ダイヤモンド酒造のシャンテ・ロサード(左)
愛らしいチェリーの香りに富み、軽快な酸は機動力十分。
若さ漲り柔らかく、いつのまにかスルスルと飲み干してしまう、
憎めない一本。

奥野田葡萄園の12ラフロレット・ローズ・ロゼ(中)はエチケットさながらの
華やかな香りを解き放つバブリー系ロゼ。ちょっと苦みのあるもの、
クセのあるチーズあたりをやんわりと包んでくれます。どんなに酩酊しても、
ゲヴュルツっぽいニュアンスが記憶に残る美味しさ。

中央葡萄酒からは11グレイス・ロゼ(右)を。
カベルネ・ソーヴィニヨンを中心にセニエで仕込んだ本格派。
明るい色のスーツを身にまとい一見軽薄そうに見えつつも、
実は胸板厚く、情にももろい頼れる課長、的な存在。

いかがでしょうか、、ロゼワイン飲みたくなってきませんか?
日本のワイナリーでは割と多種多様なロゼワインを造っていて、
これらを楽しまない手はないと思います。桜を愛でる国民性もありますし。。

この他にもたくさんのロゼワインを取り揃えて、
みなさまのご来店をお待ちしております。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-23 16:38 | 関東甲信越のワイン | Comments(0)

『NHKニューステラス関西』の大阪ええもん探し隊のコーナーです。
本日放送です!
是非ご覧くださいませ。
※放送時間18時10分〜19時
『NHKニューステラス関西』←番組HPもご覧ください。
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-23 10:54 | 掲載情報 | Comments(0)

あ、やっぱり若槻さんが選んだワインだな~。。。
そんな風に一貫して感じられるWさんのワイン。
色にも香りにも「無理やり」な感じがまったくなくて、ゆるくて、柔らかくて、優しくて。
でも芯はしっかりしてる自然体なワイン。そこにノガラッツァ山田シェフのお料理。。
素敵なコラボイベントになりそうです!

<イベントのご紹介>
西天満にあるイタリア料理店、ノガラッツァさんで11月3日にワイン会が開催されます。
前回はヴィナイオータのオータ社長を迎えてのフルスイングなワイン会、
大いに盛り上がったみたいですが、今回はWの若槻さんを迎えてのコラボイベント。

おなじイタリアワインでも、やっぱり若槻さん印の、Wさんらしいワインに、
ノガラッツァ山田シェフが秋の食材をふんだんに用いた料理を次々と。。。

料理もワインも「人」の要素が強く感じられる、ユニークな会になりそうです。

乾杯はペルソンのロゼ・シャンパーニュ。
そこからイタリアを、ワインで北から南まで縦断。
イタリアワインがもつ多様性、土地との結びつき、造り手の個性。
「おいしさ」の向こうにある「楽しさ」まで深く感じられそうです。

11月3日
19時START
会費13,650円。

20名様限定ですが、
まだお席の空きがあるそうです。

ご興味のある方はノガラッツァさんまでお申込みください。
Nogarazza(ノガラッツァ)
TEL:06-6363-5553

場所:ノガラッツァ
大阪市北区西天満5-6-26 コーポイセマチ
定休日:毎週火曜日(月一回水曜日不定休)
地下鉄南森町駅から徒歩5分
ホームページ

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-22 21:47 | イベント | Comments(0)

今月27日まで開催しております
水都大阪 フジマル醸造所 中之島GATE出張所
ならびに、今月31日まで営業の
とんぼりリバーウォーク フジマル醸造所 とんぼり出張所
ですが、

10/23(水)、10/24(木)の両日、雨天のため中止が決定いたしました。
週末にはなんとか開催できるといいのですが。。。

好天の際には、たくさんの方にお越しいただけますよう、お待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

その他、秋のイベント情報はこちら♪
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-22 19:24 | イベント | Comments(0)

ほぼ毎日のように道頓堀界隈を通っているのですが、雨の日の道頓堀は
また少し空気感が違っていて面白いです。

普段の底抜けに明るい道頓堀とは違い、ちょっと抑制の効いた明るさ。
ぎらぎらした看板やネオンが、曇天のなか意外とクールに見えてしまったり。

b0206537_15571191.jpg

おそらくはほとんどの方が他地域からやって来た観光客なのでしょうが、
雨の日はなぜか、街ゆく人々までいつもとは違うような気がします。
なんとなく地元の人というか、生活感ある人が多いような。。
あ、土日はWINS道頓堀で競馬やってるからか(笑)

そんな道頓堀で、観光客のみならず地元の人にもおすすめなのが
道頓堀ZAZAの地下で行われているワンコインライブ。
ホームページはこちら

500円で30分、若手お笑い芸人のライブが見られるという、
手作り感のあるライブです。もちろんどうしようもなくつまらない時もありますが、
それも含めてネタということで。。僕ももう3、4回観に行きましたが、
いつもいろんな意味で元気をもらってます。

さて。今日のワインは雨の道頓堀にも似たような雰囲気をもつワイン。
たまには日本ワインだけではなく外国のワイン、それもここのところ
マイブームでもある、オーストリア・ドイツのワインをご紹介します。

b0206537_15591965.jpg

まずはオーストリアからセップ・ムスターの08グラーフ・ソーヴィニヨン(写真右)。
底抜けに爽やかというわけではなく、どこか影を感じ、複雑で、
いろんな要素の詰まったクールなワイン。
道頓堀が一瞬、セーヌ川に見えてしまうようなワインです。。

そしてドイツは南ファルツから気鋭の生産者、(写真左)
ユルゲン・ライナーの12リースリングQT1000mlボトル
もう、1000mlボトルという時点で、このワインは買いです。
っていうくらい1000mlサイズのワインは当たりが多いと思います。
ぜひトライしてみてください。

最後にこちらもオーストリア、ただシリアスなセップムスターとは対照的に
おおらかで間口の広いヴィンツァー・クレムスの11リースリング(写真中)です。
セップムスターが相合橋筋の脇道にひっそりと佇む十割蕎麦屋さんだとしたら、
こちらはさしずめ道頓堀に広く展開する串カツ屋さんといったところ。
いつ飲んでも、誰と飲んでもおいしい安心のヴィンツァークレムス。

そんな、個性豊かなドイツ・オーストリアのワインも少量ですが取り揃えております。
ミナミ・心斎橋へお越しの際は、お気軽にお立寄りください。
ワインに関するご相談はもちろん、道頓堀・ウラなんば情報なんでも承ります!

Dai Aramaki

10月末まで営業中!まだの方はぜひ!
道頓堀にフジマル醸造所あらわる!?
道頓堀リバーテラスにて「フジマル醸造所出張ワインバー」営業中!
土日祝は11時から昼酒も楽しめますよ~!
できたての生樽ワイン、大阪のワイン、日本のワインたくさんあります。
美味しいシュークルートや野菜のテリーヌ、チーズ盛合せもどうぞ。
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2013-10-20 16:00 | その他のワイン | Comments(0)