広島県三次市で生まれた「自然の奇跡」

冬空のなか寒さに耐えて実り続けた、

愛しい葡萄を丁寧に醸造し、

更に数年間の樽熟成を行いました。

凝縮されたすべての味わいがここにあります。

自然からの贈り物を芳醇な香味とともにお召し上がりください。

~三次ワイナリー/TOMOEセミヨン貴腐2007・口上より~
 

b0206537_1920265.jpg

少し前に入荷しました、広島三次ワイナリーのセミヨン貴腐2007
わずか200mlしか詰められていませんが、きらきらと輝く黄金色の液体からは、
今にもハチミツやアンズの香りが漂ってきそう。

前に一口飲んだ、というか舐めさせていただいたときの印象は、
表情豊かで存在感があり、それはもうとろけるような、極上の心地よさでした。
飲みこんだあともずっと余韻が残り、心まで温まったのを思い出します。

かなり高価なワインではありますが、霧の町・三次で生まれた「自然の奇跡」。
とっておきの場面で、ゆっくりと味わっていただければと思います。

そしてもう一つ、広島三次ワイナリーのフラッグシップともいえる逸品、
TOMOEシャルドネ新月2009も、少量ですが入ってきています。
こちらは「自然の恵み」に、ナイトハーヴェストという「人間の知恵」を加えたもの。
力強さとエレガンスさが美しいハーモニーを奏でる、ワイナリー自信の辛口白ワイン。

b0206537_19234375.jpg

2009年と2010年、広島に住んでいたので私もナイトハーヴェストに
参加させていただきました。
その時の様子

幻想的な新月の真夜中に、ひとつひとつシャルドネを手摘みで収穫。
そのまますぐに仕込みに入り、フリーランの甘く濃厚なジュースに
感動したのを覚えています。

中国地方では島根の奥出雲ワイナリーがよく知られていますが、
広島三次のシャルドネも負けてはいません。ぜひ飲み比べてみては
いかがでしょうか。

Dai Aramaki
[PR]
by kokusan_fujimaru | 2011-03-01 19:23