人気ブログランキング |

2012年ヌーヴォー(新酒)のご案内

ようやく夏が終わったばかりだというのに、今年もこの季節がやってきます。
年に一度の収穫を祝うお祭、2012年産ヌーヴォー(新酒)のご案内です。

まだ出来上がっていないワインをお薦めするのは非常に心苦しくはありますが
まぁお祭りですし、葡萄の良し悪しというよりも今年のワインはどんなだ?
と楽しんでもらえればいいのかなと思います。
参考までに当店のヌーヴォーに対する考え方をどうぞ。

2012年のボジョレーは例年より雨が多く、本格的な夏の気候を迎えたのは
7月に入ってから。例年より葡萄の房の数がやや少なく、収量が随分と
減るようです。それだけに各造り手の力量が試される年になりそうです。

また、今年は天候不順などによりロワールからの新酒リリースの目途が
立っていません。毎年楽しみにしているお客さまには大変申し訳ございません。。
今後もしかしたら土壇場でのリリースもあるかもしれませんので、その際は
ご案内させていただきます。

また、新酒のご予約はまだ出来上がっていないワインのご注文です。
今後の現地の気候や到着までの事故などで用意ができない可能性もあります。
あらかじめご了承ください。

特に私たちが扱っています小規模だけど気持ちのこもった生産者たちは、
よりよいワインにするために様々なリスクを背負ってワイン造りに
励んでいます。自然相手の仕事ですので、不測の事態も考えられます。
どうぞお含みおきください。

b0206537_13444070.jpg




★ボジョレー ヌーヴォー/マルセル ラピエール
故マルセルの他界に揺れた2010年から2回目の秋。昨年は期待を裏切らなず、
素晴らしいヌーヴォーを作ってくれた息子マチュー。さて、昨年に続き
良い出来になるのか!?非常に楽しみです。

★ボジョレー ヴァン ド プリムール/フィリップパカレ
もう説明はいりませんね。例年、しなやかな果実味と旨みたっぷりの味わい
が特徴。なんだかんだと毎年安定しています。

★ボジョレー ヌーヴォー/ルーデュモン(仲田晃司)
仲田氏がオーナーを務めるネゴシアン、ルーデュモン。今年で7年目の
リリース、例年と同じ樹齢70~80年の古樹の区画から安定感抜群の
ヌーヴォーを醸す。

★ボジョレー ヴィラージュ プリムール ラパン/フレデリック・コサール
ウサギのラベルで今やヌーヴォーの定番となったコサールのヌーヴォー。
単独畑‘ラパン'から生み出される凝縮感がありピュアな果実味が特徴。マグナムも有り。

★ボジョレー プリムール/ジャン フォワイヤール
ラピエールのもとへ通い詰め独学で醸造を学ぶ。ピノノワールの個性を持つ
ガメイを生み出すと言われるモルゴン村の生産者。
例年の安定感のある造りには信頼が置ける。

★ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー ル ポン デュ ディアーブル
 /ヴィニフィエ パ ジュンコ アライ(新井順子)
ロワールでのワイン造りの経験を活かし今年で3年目のボジョレー挑戦。
非常に凝縮感の高いワインを産み出す彼女、今年のボジョレーをどう
表現するのでしょうか?

★VDT ヌーヴォー ブラン/ラ グランド コリーヌ(大岡弘武)
澱が舞って白濁します。が、見た目にも気を配り味わいを損ねない程度の
粗めのフィルターをかけています。純粋なブドウの味わいと旨みの強さが特徴。
シャンパーニュ瓶に王冠の使用。

★VDT ヌーヴォー ルージュ/ラ グランド コリーヌ(大岡弘武)
大岡氏が産み出す南仏のヌーヴォーで今回の赤ワインの中では唯一のガメイ以外の
品種を使用。他のものと比べて果実のジューシーさ、力強さを感じることのできる1本。
こちらも王冠使用。

★ボジョレー ヴィラージュ プリムール ラパン 1500ml
 /フレデリック・コサール
ウサギのラベルで今やヌーヴォーの定番となったコサールのヌーヴォー。
単独畑‘ラパン'から生み出される凝縮感がありピュアな果実味が特徴。

ワインの予約価格についてはお電話またはメールにてお問合せ下さい。
06-6211-8141
shopmaster(アットマーク)wineshopfujimaru.com
または店頭にてご予約チラシを配布しております。

どうぞお楽しみに♪

Dai Aramaki
by kokusan_fujimaru | 2012-09-22 13:34 | フランスワイン