栽培・醸造チーム作業日誌2/13

松井畑 剪定


この写真。今日の圃場の写真です。
何の変哲も感じないかも知れませんが 実はとても意味あるんです。
と言うのも この写真の角度。これ 僕の目線です。
つまり 棚から頭を出しています。ちょうど棚のワイヤー 顎の高さです。たぶん 150cmぐらいでしょうか。 今年も新しく圃場を借り受けて ワイン用として葡萄を作ります。高齢化と言う 現実的な理由での「放置園」としての運命を 回避し 「葡萄産地」としての 大事な継承を託された瞬間でもあります。
この150cmの棚の高さ かなり作業する上で 低いのですが 腰を低くし この圃場で作業された目線で 圃場を継承するって言うのも大事な事なのではないか。刻まれた葡萄作りの歴史を棚の高さに垣間見る。こうやって剪定作業しながら 「葡萄産地 柏原」そして「葡萄産地 河内大阪」を紐解いていきたいと思った日。

b0206537_11320977.jpg

[PR]
by kokusan_fujimaru | 2017-02-13 23:31 | ブドウ畑・ワイン造り