人気ブログランキング |

日常の食卓や季節感を意識したセレクトワインショップ、
レ・パピーユ・ジャポネーズ。

日本のワインをたくさん取り揃えることを特色としていましたが、
割合にするとまだまだ3割にも満たないのが現状でした。

もっともっと日本のワインを、たくさんのお客様に紹介したい。

このところ素晴らしいガイドブックや雑誌の特集などもあって、
日本ワインに対する関心は高まりつつあると思いますが、
決して流行や一過性のものではないと思っています。
(ブームで終わらせないようにするのが僕たちの仕事ですね。。)

その土地の風土を思い起こさせてくれる味わい。
その造り手の人柄・考えが感じられるような味わい。
日本各地で造られる日本酒やクラフトビール、
その他たくさんの食材や料理もそうだと思いますが、
産地や造り手がすぐ身近にあるのは、やっぱり楽しいです。
交流もしやすいし、そこからまた感じること、考えることもたくさんあります。
(いずれはもっと地球が狭くなって、気軽にヨーロッパとか行けるといいですね。。)

b0206537_19305643.jpg

そんな、すぐ身近にある日本のワインを、もっともっと増やすことにいたしました。
「日本ワインがたくさん置いてあるお店」から、
「ほとんどが日本ワインのお店」へ
と、
ぼちぼちリニューアルしていきます。

あ、シャンパーニュと、その季節のおすすめ輸入ワインは
引続きしっかりご案内していきます~。

b0206537_19303543.jpg

まずは山梨から、若手醸造家のグループ「アサンブラージュ」のワインが
いろいろと入ってきています。価格は1,000円台から2,000円台、なかなかの
個性派揃い。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

現在の日本ワインのラインナップはこちらから!
by kokusan_fujimaru | 2011-06-17 19:33

こちらのイベントは定員一杯となりました。
お問合せは
WINESHOP FUJIMARU まで 06-6643-2330
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪でワインツーリズム?
あまりピンとこない方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、
実は100年前には山梨を抜いて、ブドウの生産量日本一だったんです。

しかし戦後は都市化が進み、生産量は減り、ブドウ産地としてのイメージは
薄れてしまいました。それでも大阪のワイン造りは、いくつかの個性的な
ワイナリーによって受け継がれていき、今に至っています。

大都市より電車で40分位で行けてしまうところに、
いくつかのワイナリーが集まっているという産地は、
世界中を見回してもあまり例がありません。

天下の台所・大阪の、すぐそばに広がるワイン産地。
大阪は一大消費地であるとともに、ワイン産地でもあることを、
きっと実感していただけるワインツーリズムです!

当日は3件のワイナリー(飛鳥ワインひめひこワイナリーカタシモワイナリー)を
訪ねます。ナビゲーターはミッシェルヴァンジャポネ&FUJIMARU。
畑とワイナリーをくまなく歩きまわって、お昼には北新地マツケン食堂が、
特別ランチをプロデュース。大阪平野を見渡せる畑のなかで、
心地よい風を感じながら、ゆっくりとお楽しみいただけます。

限定30名様のご案内です。
たくさんの方のご参加、お待ちしております。

詳しくはこちらをどうぞ
by kokusan_fujimaru | 2011-06-17 18:00 | イベント