人気ブログランキング |

2012年 07月 16日 ( 1 )

西日本一の高さとなった「あべのハルカス」を見上げながら、
近鉄南大阪線で上ノ太子へ。大阪の繁華街から電車で30分、
車窓からの風景は建物から、デラウェアのブドウ畑へと変わっていきます。

b0206537_16404727.jpg

さんさんと降り注ぐ太陽から匿ってくれるものはなにもない上ノ太子駅前。
熱を帯びた草木が発する夏の農地独特の匂いに心地よさを覚えながら、
駅から歩くことわずか5分、飛鳥ワインを訪れました。

この日は心斎橋「キッチン和」のヨシノリさんと大淀中「つばめいろ」のスタッフさんたちを含めた
7名で訪問。こんな近くにワイナリーがあること自体に驚かれていました。
(僕も最初はビックリしました。東京でいうと新宿に住んでて上石神井にワイナリー?みたいな感覚)

ワイナリーでは仲村ご夫妻に迎えていただき、さっそく工場見学へ。
ブドウをつぶして果汁を圧搾する機械、そしてそれを発酵させる容器、
さらには昔ながらの機械も置いてあったりして歴史を感じさせてくれます。

b0206537_16425865.jpg

貯蔵タンク室。以前は大きなタンクばかりだったのが、小さな容器を増やしたとのこと。
いろんな品種を試験醸造されてるらしく楽しみです。

b0206537_1644184.jpg

傍らにはルミュアージュ(瓶を動かして澱を瓶口に集めること)やデゴルジュマン(澱抜き)
の道具も置いてあり、仲村社長が身振り手振りで説明してくださいます。

b0206537_16443827.jpg

デラウェアによる辛口スパークリングも好評だったのですが、今度はシャルドネで
造るとのこと。こちらも楽しみ!

続きはこちらからどうぞ。
by kokusan_fujimaru | 2012-07-16 17:09 | ワイナリー訪問記(国内)