人気ブログランキング |

<   2013年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

黒みを帯びた濃い色調。
ドライフルーツ、黒い土、青野菜や根菜類が混じった、
山葡萄独特のほっこりとしたニュアンス。

口に含むとじわっと湿った酸味が横に広がり、
果実とタンニンがゆっくりと追いかけてくるイメージ。
中盤以降の味のふくらみと肉付きの良さ。
繊細な料理よりも、田舎にすむ母親が大量に仕込んでくれた、
トラディショナルな煮物はいかがでしょう。
癖のあるチーズ、猪肉や鹿肉などもやんわりと受け止めてくれそうです。

今週末の店頭無料テイスティングは、

旭洋酒/ソレイユ トピネ ルージュ2012年

b0206537_1745090.jpg

を開けて、みなさまのお越しをお待ちしております。
自分自身このワインを飲んだのはほぼ一年ぶり。
特徴でもある根菜類っぽさは、輸入ワインに親しんだ方なら
ちょっと違和感を覚えるかもですが、一度舌に馴染むと、
不思議と心地いいものなんです。

なんといいますか、年齢を経てからやっとゴボウの美味しさが
分かるようになった、みたいな(笑)

山ブドウといえば小公子が人気ですが、この甲斐ノワールも
いつか?ブレークするのでは、とにらんでいます。。

鈴木ご夫妻を中心に自社畑とワイナリーを切り盛りする旭洋酒。
歴史のある古い建物ですが、きれいに手入れされ整然と道具が
並んだ醸造所から、こういうワインが産まれるんだと納得したものでした。

個人的にも大好きな旭洋酒のワイン。
それぞれ単品で購入もできますし
(残りわずかですがワイナリーで完売したピノノワールとメルロもあります!)
今回は少しお得な

★ピノノワールも入ってます!旭洋酒おすすめワイン6本セット

をご用意しました。
当店在庫のみという商品もございます。売り切れ次第完売、
とさせていただきます。どうぞご了承ください。

週末の土日は試飲ワインを1本あけて、
みなさまのお越しをお待ちしております!

Dai Aramaki
by kokusan_fujimaru | 2013-10-19 17:07 | 関東甲信越のワイン

左手に持ったレンゲを丼のなかに沈め、まずはカレーをひとすすり。
出汁の旨みが広がり、まろやかなコクが舌を包み、そして後から追いかけて来る
爽やかな辛み。

およそカレーうどんというものに期待し得る要素がすべて提示された満額回答。
間髪入れず箸を持つ右手にも力を入れ、今度はうどんを手繰り寄せてみました。
モチっとした柔らかさがありながらしっかりと押し返してくる弾力と活力。
味覚と嗅覚と触覚を同時に刺激され、
もう無我夢中でルーティンワークを繰り返すのがやっと。

なんばから四ツ橋筋を西にわたり、JR難波駅にほど近いJUN大谷製麺処さん。

b0206537_18141885.jpg

やっぱり、最初に感じた出汁の旨み。これで勝負ありでした。
大阪でこれだけカレーうどんが愛される理由が、この一杯で分かったような気がします。

出汁の旨み。あたりまえすぎて普段あまり意識しないのかもしれませんが、
私たち日本人にとって日本の食卓には欠かせない存在だと思います。

ぐいぐいと前に出てきて声高に主張するのではなく、
半歩後ろをついて歩くように、ふりむけばそこにある存在。
素材の良さを引き出し、素材を支え、料理全体を上品にまとめる引き立て役。

ワインも、そんな出汁のような味わいのものはいかがでしょうか。
きっと食卓をより和やかにしてくれることでしょう。

b0206537_18163722.jpg

山梨は甲斐ワイナリーのトップキュベ、キュベかざま甲州辛口2012
樹齢60年ほどの古樹から収穫した甲州。力強く綺麗な酸と充実した旨み。
魚やお野菜はもちろん、塩で焼いた鶏肉などにも。

ロゼはフランス・ロワールから。ブノワ・クロー/エグランタン・ロゼロワール。
黄色いバラや梅、トマトのコンフィチュールを思わせる軽快な香り。
微発泡が心地よく体になじむ、じんわり系。

そして山梨はシャトー酒折のマスカットベリーAキュヴェイケガワ
熟した赤系果実の味わいが程よく樽の香味と調和し、長くまろやかな
余韻へと誘ってくれます。ラズベリー風味の奥にある、梅っぽさや
キノコっぽさを感じさせる奥ゆかしい旨み。カツオのたたきや
マグロぶつなどいかがでしょう。

夜はずいぶんと冷え込んできた10月半ば。くたくたに煮込んだ
大根のおでんでもつつきながら、おうちでゆっくりワインをどうぞ!

Dai Aramaki
by kokusan_fujimaru | 2013-10-17 18:28 | なんば心斎橋ランチ情報

心斎橋クロスホテルから一本北にある三津寺通り。
そこに日宝ロイヤルビルというのがあるのですが、
個性的な飲食店が1階から5階まで多数入っている、
界隈ではちょっと知られたビルなんです。

私もいくつかお邪魔したお店があるのですが、ほとんどは夜営業のみ。
しかし今日たまたま近くを通ると、新しいお店がランチ営業していたので
さっそく入店。

鉄板焼き・お好み焼き「しんか」さん。お昼は生姜焼き定食や日替わり、
そしてチキン南蛮定食を提供されていました。

なんとなく気分でチキン南蛮を。最初に運ばれてくるご飯はおかわり自由。
つやつやで、ふっくら甘い香りが漂います。

b0206537_17144023.jpg

目の前の鉄板で仕上げていただいたチキン南蛮は肉厚でジューシー。
たるたるソースをまぶし目玉焼きの黄身とあわせていただくと、
ご飯のおかわりは必至というほかありません。

久しぶりにいただいた美味しいチキン南蛮。思い出したのは過去に
二度訪れたことのある、宮崎県は都農ワイナリーでした。

実はチキン南蛮は宮崎県の名物なんです。都農ワイナリーの
レストランでも提供されており、当時はキャンベルアーリー・ロゼ・ドライ
とともにいただきました。華やかな香りと豊かな果実味がタルタルソースにもぴったり!
都農の平野部を眼下に見おろしながら、心地よい風のもといただく料理とワインは
最高でした。

今は新酒のリリースを控え品数が少ない都農ワインですが、
定番のキャンベルアーリー・ロゼ・ドライをはじめ
赤の発泡酒・スパークリングレッドやシャルドネ・アンウッディッド、
マスカットベリーAエステート、シャルドネ・アンフィルタード2011(最後の一本!)
などがございます。

b0206537_17171332.jpg

日常の食卓にならぶいつものお総菜に、ピタッと寄り添ってくれる都農ワイン。
今後は九州のワイナリーからも目が離せないと思います。
クラブパピーユ「九州・中四国のワイン」

鉄板焼き・お好み焼き しんか
大阪市中央区心斎橋筋2丁目7-11
日宝ロイヤルビル1階
06-6210-3988
12:00-15:00 18:00-24:00(LO22:00)
不定休

Dai Aramaki
by kokusan_fujimaru | 2013-10-16 17:20 | なんば心斎橋ランチ情報

サラリとしつつドロッとしたコクもあるチキンカレー。
香りたつほどではないものの、あとからじんわり確かに存在するスパイス群。
欧風とインド系のちょうど中間のような、いいとこどりのチキンカレー。

b0206537_15273539.jpg

アメリカ村の南端、心斎橋クロスホテルからは御堂筋を超えてまっすぐ西へ。
今日はどうしてもスポーツ新聞に目を通したかったので、
安定感のあるカレーを食べに「心斎橋MADRAS 5」さんへ。

驚きや新しい発見があるわけではないですが、
定期的に食べたくなる、カレーらしいカレー。
カレーの王道(そんなのあります?)をまっすぐ頂に向かってすすむと、
ここに辿り着くんじゃないか、そんな風にすら思います。

さて。
そんな安定感のあるカレーを楽しんだあとは、
安定感のあるワインのご紹介を。

長野県は東御市にありますリュードヴァン。
まだ新しいワイナリーですが、その土地らしい表情豊かなワインを
生み出すワイナリーとして、高い評価を得ています。

b0206537_1528836.jpg

シードル、シャルドネ、メルロー、ドゥー・ローブ・ヴィオレット(カベルネとメルロのブレンド)、
そしてピノノワール。シャンパーニュを意識しトラディショナルな製法で造った
スパークリングワインもありましたが、好評のうちに完売してしまいました。

太陽のエネルギーと地中のミネラルを存分に含んだ果実から造られる、
繊細でエキスに富んだ味わいのワインたち。一言でいうならば

「きれい」

という言葉がピッタリな、安定感のあるワインです。

日常の食卓で気軽に楽しんでほしいシードルから、
ときにシリアスに、じっくりと向き合いたいピノノワールやメルロー。
このところ長野産ワインのラインナップも大幅に増え、
これからが楽しみなところです。

日本ワインの明るい可能性を感じさせてくれるリュードヴァン。
ぜひ、このワインの個性に触れてみて下さい。
オンラインショップでもご購入いただけます。
リュードヴァンその他長野のワイン

Dai Aramaki
by kokusan_fujimaru | 2013-10-14 15:29 | なんば心斎橋ランチ情報

昨日あたりからグッと冷え込んできました大阪の夜。
ようやく秋らしくなってきましたが、ワインもこの時期ならではの
新酒が店頭に並び始めています。

今年収穫したブドウから仕込んだ2013年の新酒。
白ワインはおもにデラウェア、収穫時期が早いため例年10月には
販売開始となります。

今回ご紹介するのは

b0206537_14543673.jpg

★飛鳥ワイン/飛鳥デラウェア―にごり新酒
酵母を取り除かずそのまま瓶詰め、優しい甘みとともに旨みをしっかりと残し、
味わいのある仕上がりに。新酒らしいフレッシュなおいしさ。

★カタシモワイン/KS無添加新酒デラウェア国産 500ml
★カタシモワイン/KS無添加新酒デラウェアマスカットベリーA 500ml
毎年おなじみカタシモワインの500mlサイズの新酒。ブドウそのものを思わせる甘み、
アルコール低めですいすい飲める心地よさ。

実は2012年の新酒も少しだけ残っています。面白い熟成をしていますので
ご興味ある方は飲み比べなどいかがでしょう。
□2012年の無添加新酒デラウェア
■2012年の無添加新酒マスカットベリーA

★奥野田葡萄園/奥野田ドルチェこのゆびとまれ
こちらは山梨から、奥野田葡萄園のデラウェア甘口仕上げ。
完熟デラウェアの持つ濃厚な甘みと豊かな酸味をボトルにそのまま詰め込みました。
お昼下がりの軽いアペリティフに。果物感覚でお飲みください。

他にも辛口デラウェアとしましては
★ダイヤモンド酒造/シャンテ・デラウェア・ドライ
がございます。こちらもおすすめです。

そして。
私たちフジマルスタッフをはじめボランティアの方々の助けを借りて、
ブドウ畑での栽培から丹精込めて育ててきた、
大阪産デラウェアとマスカットベイリーAから造ったキュヴェパピーユの新酒。
藤丸が醸造を始めて4年目のワインですが、今年は島之内フジマル醸造所での
初仕込み、ということで感慨もひとしおです。

b0206537_151429.jpg

こちらは10月19日(土)発売開始予定です。ご予約承っております。
新酒 デラウェア(白)2013年 2,070円(税込)
新酒 マスカットベイリーA(赤)2013年 2,070円(税込)

今年一年の恵みに感謝しながら。。お祭り気分で楽しんでいただければと思います!

Dai Aramaki
by kokusan_fujimaru | 2013-10-13 15:01 | ワイン全般

黒みがかった濃い色調、鉄分やインクを感じる重量感のある香り。
口に含むとなめらかな果実味にかぶさるように、しっとりとした酸味が
華を添えます。

濃いワインか?といわれればそうかもしれませんが、たっぷりとした印象ではなく、
細身で俊敏な感じ。エレガントよりな山ブドウ系赤ワインといったところでしょうか。

今週末の店頭無料テイスティングはこちら、

塩山洋酒醸造/Japanese blend 赤 2012(写真左)

b0206537_1543271.jpg

をご用意しまして、土、日、月祝と3日間みなさまのご来店をお待ちしております。
塩山洋酒工業は昭和32年設立の山梨でも老舗のワイナリー。
名前といいラベルといい、ややクラシックな印象のワイナリーでしたが、
若手の萩原弘基さんが加わってから、より斬新なラインナップが増えています。

日本独自のブドウ品種を大胆にブレンドし、樽のニュアンスと酸味の効かせ方が
ユニークなJapanese Blend 赤 2012。

そして白ワインではザルツベルク甲州2012(写真右・こちらは試飲のご用意はございません)。
ステンレス発酵させた甲州と、別の酵母で発酵させて樽熟成した甲州をブレンド。
トロピカルな香りとリッチなニュアンス、後味を引き締める繊細な酸がきれいに
融合した、山梨の甲州、というよりは萩原さんらしい甲州です。

斬新なボトルデザインもイメージぴったり。
伝統を受け継ぐというのも山梨の老舗ワイナリーにとっては大切なことですが、
新しい挑戦をしていく姿にも、心打たれるものがあります。

長年の経験を活かしながら、新しい試みも始まっている山梨のワイン。
これからもまだまだ面白くなりそうです。

Dai Aramaki
by kokusan_fujimaru | 2013-10-12 15:45 | 関東甲信越のワイン

『Meets Regional別冊 うまい本2014』に掲載して頂きました。
『・・・どうしてこうなった!?あの実力店のギョーテン展開。』のコーナー。
見出しから面白いですよね♪
ワインショップ『フジマル』からの・・・ワイナリー&ワイン食堂でご紹介して頂いております。

京阪神の今注目のお店さんが多数!これは1家に1冊ではないでしょうか?
是非ご覧くださいませ。

b0206537_08320123.jpg


by kokusan_fujimaru | 2013-10-11 15:22 | 掲載情報

今年もいよいよ新酒発売の季節になりました。
私たちがカタシモワイナリーさんから、
マスカットベイリーAが植わる堂ノ内畑を借り受け、
ワインを造り始めて4年目のシーズンです。

毎年いろんなことがありましたが、今年は自分たちの
ワイナリーを立ち上げたという意味で大きな節目の年に
なりました。ブドウ畑は変わらず柏原市に点在している
のですが、収穫したブドウは保冷車などで大阪市内まで
運んで島之内フジマル醸造所に搬入、今年4月にオープン
したワイナリーは7月に入って初めて稼働いたしました。
最初にブドウを搾り、ゆっくりとジュースが流れ出てきた
ときの光景は、今でも目に焼き付いています。

畑ではボ ルドー液以外は年に2~3回ほどの防除のみと
減農薬を心がけ、農作業はすべて手作業で注意深く行いました。
収穫されたブドウは選果、粒よりし健全な粒のみを使用。
ワインをお飲みになるお客様の顔を想像しながら、
スタッフとボランティアの方々とで力をあわせワインを
造りました。本当にたくさんの人に手伝っていただいた
おかげで、このワインは出来上がりました。

発酵中の酸化防止剤は無添加、無濾過・無清澄のためオリや
濁りが生じていますが、ブドウそのものを感じるような
フレッシュで果実味の豊かなワイン。特に赤は色調も薄く、
一見、ロゼに見まがうほど。でも、その飲み心地は
フジマル独特の個性があります。

家族と、友人と、気の置けない仲間と。
このワインが楽しい食卓を演出する一助になれば幸いです。

f0097199_1420077.jpg


※10月19日(土)に発売予定です。

新酒 デラウェア(白)2013年 2,070円(税込)

新酒 マスカットベイリーA(赤)2013年 2,070円(税込)

店頭、お電話、ネットショップ、メールなどでご予約も承っております。
TEL:06-6211-8141
Mail:shopmaster(あっとまーく)wineshopfujimaru.com

その他、2013年の日本ワイン新酒がいくつか入荷しています!
ぜひ今年出来立てのワインをお楽しみください。

★カタシモ/13KS無添加新酒デラウェア国産 500ml

★カタシモ/13KS無添加新酒マスカットベリーA国産 500ml

★飛鳥ワイン/13飛鳥デラウェアー にごり新酒

★ダイヤモンドシュゾウ/13シャンテ・デラウェア・ドライ

★オクノタワイン/13奥野田ドルチェ コノユビトマレ
by kokusan_fujimaru | 2013-10-11 14:24 | ワイン全般

満月Pub.26@北浜くくり

年の瀬に向かって、日々の経過がますます早くなっているような気がする10月の大阪。
忙しいことはいいことかもしれませんが、あんまりバタバタするのももったいないなあ
という気がします。

さて今月も変わらずやってくる満月の日。
ちょっとだけ立ち止まって、みんなで、同じ星空を眺めながら。
大切なことに思いを馳せつつ、素敵な一夜を過ごしませんか。

26回目の満月Pubは北浜くくりさんにて開催します。

お時間は18時から25時(L.O24時)まで、北浜くくりさんの和食にあわせて
旬な日本酒とワイン、ベアードビールをお楽しみください。

日本酒メインの和食店である北浜くくりさん、このブログをご覧の方でしたら
初めての方も多いのではないでしょうか。私ももちろん初めてです。。
写真を見る限りではとってもきれいな内装と大小の個室ありと、
今から期待が高まります!

そして、「くくり」とは日本神話に出てくる縁結びの神様の事。
これはいいことを聞きました(笑)
満月の夜、北浜くくりさんで。
いろんなご縁が繋がることを楽しみにしています!

日本酒メニューは毎度おなじみ杉本商店さんとかむなび伊戸川さん。
本格的な和食にあわせて、ズバッと王道系が楽しめるかも。

ワインはやっぱり和食にあうものから、ほかにもいろいろと。
自由で楽しいワインを幅広くそろえる予定です。

出張ワインバー&DJはもちろんNadja米沢さん。
秋深まるこの季節、どんな音で表現してくれるのでしょうか。

今月も芦屋VERTさんと同時開催です。
こちらもお気軽にお立寄りください。

収穫を祝い恵みに感謝する神無月・満月の夜。
みんなで同じ星空を眺めながら。
心を繋げて、思いをひとつにしてみませんか?


第26回開催日 2013年10月19日(土)
時間     18:00-25:00
( Foodラストオーダー24:00)

場所  北浜くくり
     大阪市中央区平野町2-3-14  TEL 06-6223-5800
     ※当日は立飲みスタイルの為、ご予約はお受けしておりません。
       気が向いた時間にふらりとお越しください。  

料理  北浜くくりさんによる小皿料理 1皿   300円~

飲み物 1グラス 300円~
      杉本商店さん、かむなび伊戸川さんセレクトの日本酒
      ワインバーナジャ米沢さんセレクトの音楽、出張ワインバー
      ワインショップFUJIMARUセレクトのワイン、ビール

<同時開催> 芦屋VERTさん17:00-22:00 芦屋市大桝町5-8-101
          ※詳しくはVERTさんのHPをご覧ください。


満月の夜、ちょっとだけ立ち止まって、みんなで同じ空を見て過ごしませんか?
ワインやビール、日本酒を片手においしいお料理をいただきながら・・・。


満月Pub開催に至った経緯はこちら

お一人様、初めての方もお気軽にどうぞ。

Dai Aramaki

f0097199_18395727.jpg

by kokusan_fujimaru | 2013-10-09 20:24 | 満月Pub

日本ではなかなか栽培されていないリースリング。
それに近いリースリングリオンならありますが、
やはりあのリースリング特有の、ギュッと突き刺すようなミネラル感は、
なかなか表現しきれないのかもしれません。。

そんな個性あふれるリースリングが、一度に、お得に楽しめるイベント。
西天満にある人気店3店舗にて10/24(木)開催です。

~~~
暑い夏にサッパリといただくリースリングもいいものですが、
秋の夜長にしみじみといただくリースリングも、またオツなものです。。

さて西天満にある人気の3店舗にて、世界一エレガントと称される白ブドウ品種
リースリングが多数楽しめるイベントがあります。

各店舗とも通常営業ですが、この日だけリースリングにあわせた特別メニューや
普段とは違った各国のリースリングが楽しめるようになっております。


<参加店舗一覧>
Cuisine d‘Osaka Ryoさん(キュイジーヌ・ド・オオサカ リョウ / 串揚げ)
当日限りの串揚げリースリングコース (3,800円税抜)!!
選りすぐりの各国リースリング5種類がグラスで楽しめます!!
ご予約は・・・ 西天満4-2-7 昭栄ビル1F / Tel 06-6364-1194

Azさん (アズー / 多国籍ビストロ)
当日限りの「リースリング コース」をご用意
アルザス、ドイツを中心としたリースリングが15種類以上 
お値打ち価格でボトルで楽しめます!!
ご予約は・・・西天満4-4―8 B1F / Tel 06-6940-0617

Conextionさん(コネクション /ダイニング・バー)
ニュージーランドの日本人醸造家、小山 竜宇さんが来店!!
ニュージーランド産を中心に5種類以上のリースリングが楽しめます!!
ご予約は・・西天満4-8-7 千寿ビル1F 06-6367-2010

ニュージーランドからは小山 竜宇さんも来店されます。
リースリングの奥深さ、料理との相性をどうぞお楽しみください!
いずれのお店も通常通り営業しております。

Dai Aramaki

f0097199_19324662.jpg

by kokusan_fujimaru | 2013-10-08 19:41 | イベント